焼鳥界の新星!新店にして話題沸騰の“職人気質”な焼鳥店厳選4軒

手羽先¥250、マッシュルーム肉詰め¥250、爆弾の肉巻き¥200。鶏は青森シャモロックが中心

空間も味も秀逸。帰り際の一杯の新たな選択肢『炭焼 鳥せん』

学芸大学

打ちっぱなしのコンクリートに白木のカウンターと、その上に並ぶワインボトル。〝今までにない焼鳥屋〞を目指して作られた店内は、ゆったりくつろげる落ち着いた雰囲気だ。

しかし一方でメニューはいたって大衆的。青森シャモロックなどを丁寧に焼き上げる焼鳥、あるいは農園から届く野菜。一品料理も、煮込みやポテトサラダなどの定番が中心で、正統派ならではの安心感がある。もちろんどれもひと手間、ひと工夫を加えることで、ここだけの味に仕立てられてもいる。

そんな美味と雰囲気を誇りながら、しかし予算は三千円程度という居酒屋価格。「日常使いしていただければ」というオーナーの言葉を聞くまでもなく、繰り返し足を運びたくなる一軒だ。

ささみパクチー串¥200

小ぶりの湯引き鶏刺し丼¥500

内装はスタイリッシュだが店の本質は気軽に飲める大衆居酒屋。多種類のサワー¥400~などもそろう

ワインはグラス5種¥550~、ボトル11種¥3,000~

梅香味醤、レモン醤、麻辣醤、生姜パクチー醤と4種そろう特製タレと合わせ好みの味に

4種のタレ×15種の部位で楽しみ無限大『焼肉鳥gg』

牛肉よりもさっぱりヘルシー、串焼きよりも食べ応えがありバリエーションも豊か。そんな良いとこ取りの鶏肉専門焼肉店が登場し話題を集めている。

モモなら岩手の菜彩鶏や山梨の甲府信玄鶏、ムネは千葉の総州古白鶏や高知のはちきん地鶏など、メニューには部位ごとに異なる地鶏の名がずらり。60種以上の鶏を食べ比べて厳選しただけに、どれもそれぞれの個性が明確に感じられる逸品ぞろい。

焼肉鳥8種盛り合わせ¥2,390はモモ、ムネ、手羽、ホルモンなど

gg名物ヤンニョム焼肉鳥¥1,280。一枚肉に野菜や唐辛子などで味付けしたオリジナル

美桜鶏ささみユッケ奥久慈滋養卵添え¥790。一品料理も充実

テーブルの真ん中にグリルが設置され、まるで焼肉店のような店内

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、記事配信時点でのものです。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo