代々木上原の女 Vol.1

代々木上原の女:26歳、手取り18万の損保OLが違和感を覚えた“身の丈に合わない”港区での生活

東京都港区。

刺激的なその街で、「もっと上の自分」を常に夢見て追い求める。一方で、こんな疑問を持つこともある。

−「もっと上の自分」を目指すのが、真の幸せなのだろうか?−

日当たりの良い静かな住宅街の中、朝起きると目の前には緑が生い茂っている。朝食は、近所で買った美味しいパンを、大切な人とゆっくり食べる。

一見何でもないような日常に、真の幸せがあるのではないだろうか?

埼玉県出身、大手損害保険会社勤務のユリ。可愛らしい外見とは裏腹に強い自立心を持った彼女が、憧れの港区での生活を捨て、代々木上原という地で、迷い、葛藤しながら自分らしさを取り戻す…?


ショップカードの住所を書く手が止まる瞬間


「それではこちらにお名前と住所を書いていただけますか?」

店員がにっこり微笑みながら「Customer card」を差し出した。

日曜日の昼下がり、六本木ヒルズのエストネーション。最初はウィンドウショッピングのつもりが、秋物の目新しさに心を奪われて衝動買いをしてしまった。......


【代々木上原の女】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo