“イッテQ”で話題の美女を注目の焼鳥新店で口説き落としてみた

編集部、船山です。またしても、美女とデート。ありがたや……。今回のお相手は「世界の果てまでイッテQ!」の"出川ガール"としてお馴染み、ViVi専属モデルでタレントの谷 まりあさん。「美しすぎる」と話題沸騰の現役早大生モデルの彼女、実はかなりの肉食系だという噂をキャッチ。早速、デートにこぎつけた。

待ち合わせ場所に現れた、谷 まりあさん。何とも彫り深く、美形なそのお顔に見とれていると、「よろしくお願いします! お肉デート楽しみにしています」と満面の笑み!ぜひとも!案内させていただきます!

まずは、この7月末オープンした複合施設『東京ガーデンテラス紀尾井町』の中にある『赤坂 鳥幸』へご案内! その全貌も合わせてレポートします!

“また来たいって思っちゃう”

和モダンな空間で特別な鳥肉とワインが楽しめる『赤坂鳥幸』

紀尾井町

店の扉を引いて目に飛び込んでくるのは、7m以上もある白木のカウンター。そして天井は神社仏閣を思わせるような組み木が施され、その空間はデキるビジネスマンが多く行き交う赤坂の街によくはまっている。

『鳥幸』の最新店である『赤坂 鳥幸』が目指したのは、“従来よりもワンランク上の焼鳥店"。洗練された内装のみならず、鶏の肉質にもとことんこだわっている。

右からレバー、ホロホロ鳥、バルバリー鴨ネギ、伊達鶏のだき身。基本はコース¥3,100~

使用する鶏は『鳥幸』のためだけに育てられた八ヶ岳鳥幸地鶏なる品種。焼鳥に合うよう、適度に歯応えがあり肉の味の濃い、軍鶏の血を継ぐ鶏を中村農場と共同開発。

加えて、バルバリー鴨やホロホロ鳥など洋食でも多用される品種も最上級のものを採用。ワインとの相性もよく考慮されている。

ワインは鶏とバランスの取りやすい比較的軽めのものが多く、フランスを中心に各国の銘柄をそろえる。乾杯用のスパークリングも常備。ボトルの価格帯は¥4,000~¥40,000

店内にはワインボトルがズラリとディスプレイされ、グラスは赤白各3種、ボトルは50種以上を常備。オープンして間もないけれど、早くもボトル1本を開けながら焼鳥を楽しむ人が多いのだとか。

そんなノリと景気のいい店の空気感もデートのテンションを上げてくれそうだ。

“こういう焼鳥店に連れていってくれる男性って素敵ですね”

カウンターで職人と会話を交わしたり鳥が焼かれる様子を眺めるのも醍醐味

店長兼ソムリエの徳山 豪さん

ということで、『鳥幸』でワインと焼鳥を堪能した、まりあちゃん。少し酔いましたかね? 「いえいえ、全然大丈夫です!」と言いながらも、頬は赤らんでおり、酔いを隠すその仕草がまた可愛らしい。思わず、心の中で「ヤバイヨヤバイヨ」。OK。じゃあ、次は麻布十番まで移動しましょう!

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ