新・東京婚活事情 Vol.2

新・東京婚活事情:男は釣った魚にエサをやらない?外銀エリートと結婚した若妻の不満

夫は週末も「一人の時間が欲しい」なんて、すぐに一人で出かけてしまいます。彼の趣味は登山なんですけど、毎週のように一人で山登りに行くんです。そうやって、平日もほとんど二人の時間がないのに、週末もどちらかは丸一日家を空けるのも、私、理解ができなくて...。

あと私はお料理が得意で、毎日お夕飯を作って待ってるんですけど、彼は「帰れないから、準備しなくていい。待たれると辛い」なんて言うんですよ。せっかく妻として頑張ってるのに、そんな言い方されると、私、悲しくて涙が出ちゃうんです...。でも、彼は溜息をついて知らんぷり...。

きっと私、変な人と結婚してしまったんですね...。

出会った頃は熱心だった彼。周囲も羨む完璧な恋人だったが...?


夫とは、大学を卒業してすぐ、お食事会で出会いました。当時私は大学を卒業したばかりで、アパレル会社に勤めていました。

出会った頃は彼、すごく熱心に口説いてくれたんですよ。連絡は一日に何度もくれて、デートもいつもオシャレなお店を手配してくれました。

お気に入りは『アッピア』『キャンティ』などのイタリアンでしたけど、今となっては、記念日やイベントでリクエストしても嫌な顔されます...。

旅行にもよく連れて行ってもらいました。週末は近場の箱根で、強羅花壇やハイアットリージェンシー箱根に何回か泊まりましたし、初めて二人でハワイに行ったときは、ハレクラニのオーシャンビューのお部屋を予約してくれました。

私がスッピンでも寝起きでも、彼はいつも可愛い可愛いってお姫様のように扱ってくれて、私、愛されるのって幸せだなって心底思っていました。

ハワイではお土産にってセリーヌのバッグも買ってもらって、本当に素敵な彼氏だったんです。友人からもよく羨ましがられました。

この記事へのコメント

Pencilコメントする

コメントはまだありません。

【新・東京婚活事情】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo