本当は焼肉屋でいきなり冷麺が食べたい貴方に捧ぐ、都内渾身の冷麺5選

「自家製手打冷麺」¥1,200。焼肉でおなかいっぱいになっても、ほとんどのお客さんが〆に頼むという昔からの人気メニューだ

喉ごしのよい麺とコク旨スープが人気の秘密!『草の家 赤坂店』の「自家製手打冷麺」

赤坂

東京の韓国料理店の草分け的存在として知られる『草の家』。焼肉の〆に多くの常連がオーダーするのが、自家製手打冷麺だ。

〝純韓国料理〞にこだわるとあって、麺も咸興から仕入れるサツマイモの粉を使用。茹であがった麺は冷水にさらし、よく揉むことでプチッと小気味のよい食感に仕上げる。

牛すじや香味野菜を5時間かけて煮込むスープには韓国料理に使われる香木や唐辛子の種を加えて深みのある味わいに。涼感あふれる本場の味に心が満たされる。

茹でた麺を冷水でしっかりと揉み込むことでなめらかな喉ごしに。ダマにならず、プチッとした食感のよさも際立つ

落ち着いた雰囲気でビジネス会食やデート使いにもぴったり。深夜までの営業も嬉しい

※こちらの店舗は現在閉店しております。

名物「水冷麺」。写真は200gで¥950。100g、150gもある。錦糸たまごがのっているのも上品

高麗ホテル直伝。宮廷スタイルの平壌冷麺を堪能『sunmoon 浅草橋店』の「水冷麺」

浅草橋

東京では珍しく、蕎麦粉主体の平壌式冷麺を味わえる。注文ごとに粉を練るところから作り始める麺は、咸興冷麺に比べ、引きのある固さはマイルド。蕎麦粉ならではの歯切れよさが持ち味だ。

さらに特筆すべきはスープの旨さ。牛ももやすね、すじ肉や豚ロース肉、鶏胸肉を贅沢に用いる。これらを2日間、野菜も足しつつ仕上げたスープは、コンソメのごとき透明感と厚みのある旨みが秀逸。さすが平嬢高麗ホテル直伝の味、宮廷料理を彷彿とさせる佳品だ。

蕎麦粉とジャガイモ澱粉を半々にブレンド。熱湯でよくこねる。0.3mmの極細麺とクリアな透明感のあるスープとのバランスも素晴らしい

冷麺目当てに通うというお客さんも多いが、もちろん焼肉も人気

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、記事配信時点でのものです。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo