これが中華麺 !?東京屈指の人気店が放つ夏しか食べられない特麺5選

夏らしい爽やかな味ながら、スープに卵を加えることでコクを出している

食感や香りも楽しい。夏だからうまい逸品『私厨房 勇』

白金の人気店『私厨房 勇(ユン)』。¥6,500のコースの〆には炒飯が人気だが、この季節にイチ押ししたいのが「青海苔と飛子のとろみスープ麺」(要予約)。

麺をすすれば口の中で飛子がプチプチプチ! とテンポよく弾け、青海苔の香りがふわりと広がる。見た目の清涼感だけでなく、さっぱり塩味のスープも夏だから食べたい理由のひとつ。

スープに卵を加えコクを出しています

目の前で原シェフが調理する姿は圧巻。その仕草に見とれてしまうほど

〆の麺は必食! 夏にぴったりの辛さを楽しもう

一品で二度楽しめる中国南部料理『Matsushima』

日本ではマイナーな中国地方料理を提供する『Matsushima』が、この夏すすめる「なまずの発酵トマト煮込み」¥2,400。貴州省の発酵トマトペーストを味の基調とし、素揚げしたなまずを煮込んだ料理だ。

土鍋に残った煮汁に雲南省特産の韃靼そば(別注文2名分¥400)を加えて作るシェフ特製の麺料理は絶品。最後の一滴まで堪能できるのがうれしい。

夏にぴったりの辛さを味わって下さい

話題の『Matsushima』は白を基調にした、中華らしからぬ店内

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo