すぐに「肉!ニク!」言い始める貴方に届けたい、この夏食べるべき肉の名店12選

  • ニンニクの香ばしさやバターのコク、シャリアピンソースの清涼感などが重なり合い、赤身の旨味を引き立てる

  • 2015年に加わった新メニュー「ローストビーフ」。奥は店の一押し「ハラミステーキ」

  • ボリューム満点のランチの「ローストビーフ定食」(スープ・ご飯付き)。ご飯は無料で大盛りにできる

  • 5,000円~のディナーコースより「スペイン産イベリコ豚 肩ロースの炭火焼」。イベリコ豚の食べ比べや他のブランド豚、黒毛和牛も用意。月ごとにコースのメニューは異なる。写真は一例

  • 「石焼きオーケストラ」(2人前)。ウデ三角は適度なサシが入った赤身なので後味さっぱりで〆にもおすすめ。写真はメニューの一例

  • 数量限定、予約必須の「アンガス牛Tボーンステーキ」

  • 幻の牛とされる「美笑牛」の「イチボ100g」。奥は「旬野菜の焼き野菜」

  • 手前は「藤枝の熟成肉 国産A5ランク和牛のグリル200g~」。奥は「箱根野菜のバーニャカウダ」。写真は料理の一例

  • 「熟成もとぶ牛のステーキ」。適度なサシが入ったランプを使用。柔らかな肉質で噛むほどに旨味が増す

  • 沖縄・ヘリオス酒造のクラフトビール各972円。左は夏季限定の生クラフトビール「ゴーヤ-DRY」972円

  • ブラジル人スタッフが目の前で切り分けてくれる

  • 見た目も美しい薩摩牛の数々。写真はイメージでオーダーは各単品で。「極上カルビ」など

  • 「極上ロース焼きすき」。片面のみを数秒さっと焼き、濃厚な卵をたっぷりとくぐらせて味わう

  • シェフ厳選の黒毛和牛ロース。味付けはシンプルに塩・胡椒のみで肉自体の旨味を楽しめる

  • カルビ、ゲタカルビ、ハラミ、ハツの4種盛り合わせの「馬焼き」。新鮮なのでサッと焼いてレアで味わうのが◎

  • 「馬肉の手毬寿司」。さっぱりとした赤身と味が濃厚なタテガミ(首の上部分)の紅白で見た目も鮮やか

  • スタッフが焼いてくれる「赤身ステーキ」は旨味の詰まったカメノコ

  • ワインなどアルコールも豊富。美食と美酒の相乗効果が楽しめる

もどる
すすむ

1/52

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo