すぐに「肉!ニク!」言い始める貴方に届けたい、この夏食べるべき肉の名店12選

夏だからこそ美味しい肉を食べて活発に過ごしたい。今回は希少な黒毛和牛から、豪快なシェラスコ、トレンドの馬肉から極上のイベリコ豚まで肉ラバーを唸らせる店を紹介!

肉を心ゆくまで味わって、夏バテを撃退してみてはいかが?

2015年に加わった新メニュー「ローストビーフ」1,200円。奥は店の一押し「ハラミステーキ」200g 2,560円

ガツンと胃袋を掴まれる。ニンニク香るステーキを食らう!『ステーキてっぺい×六本木Buff』

六本木一丁目/ステーキ

昭和50年代に渋谷でオープンした『ステーキてっぺい』。ニンニクを効かせたカットスタイルのステーキと、中毒性のあるオリジナルドレッシングをたっぷりかけたサラダの二大看板で、知る人ぞ知る店となった。そのDNAを受け継ぐのがこちら。定食スタイルの気軽さで、食べ応えのあるステーキを提供する。

おすすめは、肉々しい食感とほどよい脂が楽しめるハラミ(200g 2,560円~。ご飯、サラダ、スープ付き)。噛むほどに肉汁とニンニクバターが絡み合い食欲を刺激、箸を伸ばすスピードを加速させる逸品だ。そのままはもちろん、4種類あるタレからニンニクしょうゆを選べば、食べているそばから力が湧いてくる。

ボリューム満点のランチの「ローストビーフ定食」1,300円(スープ・ご飯付き)。ご飯は無料で大盛りにできる

新メニューの「ローストビーフ」もお試しを。これまでデパートの催事限定品だったが、「店でも食べたい!」というファンの要望に応える形でグランドメニューに加わった。

2kgほどあるモモ肉をじっくりロースト。ゴマ油とネギがアクセントになったタレを付けていただくと肉本来の旨みがしっかりと感じられる。「旨い肉を食べたい」とカラダが欲したら、迷わず向かいたい店だ。

新宿店は深夜まで営業中、2016年7月に新橋店がオープン予定。

「ローストビーフのサンドウィッチ」1,300円。「ステーキ屋が作るサンドウィッチを食べてもらいたかった」と店主(テイクアウトのみ・予約販売)

肉を焼く音や香りも余すところなく味わいたい

内観

4,800円~のディナーコースより「スペイン産イベリコ豚 肩ロースの炭火焼」。イベリコ豚の食べ比べや他のブランド豚、黒毛和牛も用意

和牛や鴨などを凌驚するほどのフレッシュなイベリコ豚の炭火焼『レストラン M』

牛込柳町/フランス料理

本物のイベリコ豚をご存知だろうか? 日本に輸入されている8~9割が冷凍ものだが、この店では、生のまま空輸されたイベリコ豚を味わえる。「特に豚肉は冷凍すると味が変わってしまう」とオーナーの三宅正信氏。

塊のまま、炭火で旨味と肉汁を閉じ込めながらじっくり焼き上げると、仔牛のような仔羊のような、官能的な味わいに。この味を知らずして、肉好きは語れない逸品だ。

オーナーシェフの三宅氏との料理談義も楽しい

店内はカウンター席とテーブル席のシンプルな造り

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ