8末まで!『資生堂パーラー』の絶品カレーフェアが今年も旨すぎる!

梅雨も明け8月に突入し、本格的な夏が到来。オンもオフもしっかり楽しく過ごすためにも、8/31(水)まで開催中の『資生堂パーラー 銀座本店』の毎夏恒例カリーフェアがおすすめ!

定番のカレーからオリジナルのカレーに初登場カレーなど、夏を乗り切るための"美味しいアイテム"をご紹介!

資生堂パーラー初となるスープカリーが登場。

「イベリコ豚スペアリブのサレと夏野菜のスープカリー」

2,900円

旨みが凝縮された塩漬けのイベリコ豚を、ほろほろと解けるように柔らかく煮込み、色鮮やかな夏野菜と合せた渾身の逸品。

香り高く、程良い刺激のスパイスを感じるカレーソースは、夏にぴったりのテイストだ。

シンプルな見た目だが奥深い味わい。三枚肉の素敵な食感も必見。

「和牛三枚肉のプレミアムカリーライス」

5,000円

赤身と脂肪が薄い層となって交互に重なっているのが特徴の和牛の三枚肉。

その中でも特別柔らかい部位だけを厳選し、牛肉やガラと野菜をじっくり煮込んだエスパニョールソースで仕上げ。

とろけるような牛肉と玉ねぎの甘味を感じるカレーソースとの組合せは絶品!

鮮やかな彩とほんのり南国な香りが、夏ムードを引き立てる。

「オマール海老と帆立貝のカリー サフランライスを添えて」

4,900円

身のしまったオマール海老と大粒の帆立貝は、素材の美味しさを損なわないように軽くソテー。

甲殻類の旨みとココナッツの香るカレーソースを合わせた、銀座で夏を感じられるちょっと贅沢なカレーライスだ。

連日の猛暑に打ち勝つにはやはりカレー!

他店舗でも"夏のカレーフェア"を開催中!

日本橋髙島屋店・横浜髙島屋店・横浜そごう店・名古屋店

伝統のカレーソースにアレンジを加え厳選素材を組み合わせた、こだわりのカレーが登場!各店共通のスペシャルカレーと、店舗ごとのオリジナルカレーを味わえる。

歴代シェフに継承される調理法をベースにした、バラエティ豊かなカレーの数々…今年の夏は資生堂パーラーのカレー巡りを満喫しよう。

「三元豚の煮込みカレーライス」2,160円:日本橋髙島屋店・横浜髙島屋店・横浜そごう店・名古屋店共通
「11種類の彩り野菜カリーライス」2,052円:日本橋髙島屋店オリジナル
「大山鶏のカレーライス」2,160円:日本橋髙島屋店オリジナル
「チキンと野菜のカレーライス」1,998円:横浜髙島屋店オリジナル
「ハンバーグカレードリア」1,998円:横浜髙島屋店オリジナル
「茄子と豚肉のキーマカレー」2,052円:横浜そごう店オリジナル
「野菜のカレーライス」1,728円:名古屋店オリジナル
「オマール海老とホタテ貝のポワレ ココナッツカレーライス スープ付」2,997円:名古屋店オリジナル

■イベント概要

名称:夏のGINZAカリーフェア
日程:8/31(水)まで
時間:11:30~(L.O.20:30)
場所:資生堂パーラー 銀座本店
定休:月曜(祝日の場合は営業)
備考:8/15(月)は臨時営業


【スタッフ募集!】(応募締切:~2016.8.12)

①編集オペレーター
②営業担当

▼詳しくはこちら
https://tokyo-calendar.jp/story/2533


東カレアプリダウンロードはこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ