慶應ガール、29歳 Vol.7

慶應ガール、29歳:美人で仕事もデキるパーフェクト・ウーマン。それゆえ恋愛迷走期もあったが、ついに!?


大学時代「慶應ガール」と呼ばれ、華やかなイメージを持たれている慶應卒の女性。しかし、そのすべての女たちがそのイメージ通りの生活を送っているのだろうか?

慶應というブランド力を持ちながらも、その派手さを苦手とし、日陰の人生を送るのを好む女もいる。そんな「慶應ガール」の人生とは?

久々に復活したこの連載、今週は外資系経営戦略コンサルタントとなった慶應ガールに迫る。


<今週の慶應ガール>

氏名:彩子
職業:外資系経営コンサルタント
学部:法学部
年収:1,600万円
住居:麻布十番で3LDKのタワーマンション
家賃:70万円
出自:神戸出身。高校卒業後に進学。父が自営業を営む裕福な家庭で育つ。
ステータス:独身、交際歴2年の彼氏と同棲中。

「欲しいものは必ず手に入れる」恋や進路、全てが順風満帆だった学生時代


「私、とにかく貪欲なんですよ。仕事でも恋愛でも遊びでもなんでも、常にもっともっとって、なかなか現状に満足できないんです。自分で言うのもなんですが、男性からしたら究極にめんどくさい女だと思います。(笑)」

ダイアンフォステンバーグのラップワンピースにセオリーのジャケットをかちっと羽織り、フェンディの“ピーカーブー”を持って、コツコツとピンヒールを鳴らしながら颯爽と現れた彩子は、いきなり開き直りとも自虐とも取れる毒を吐いた。

※ピーカーブー…昨年話題を呼んだアラフォーの恋愛ドラマ「オトナ女子」で主役のOL篠原涼子が持っていて話題となったフェンディのバッグ。価格は50万円相当。いうまでもなくアラサー女性が持つ仕事バッグとしてはかなり高価である。

色白な肌にくっきりとした目鼻立ち、サラサラの黒髪ロング。適度にメリハリがあるほっそりとした体。彩子は10人に聞いたら10人が“美人”と認めるレベルのルックスの持ち主である。高価な装飾品がまた、そんな彼女をより一層輝かせている。

今年の秋で30歳を迎える彩子は、最近交際2年目になる年上の経営者、達郎と同棲を始めたばかりだ。20代前半の頃は「なんとしてでも30歳になるまでにお嫁に行く!」と前のめりになっていたが、失敗続きだった20代後半の婚活期間を経てようやく出会えた達郎のおかげで、今やその焦りはすっかり取り除かれたという。

地元神戸の女子高を卒業した後、指定校推薦で法学部に入学。弁護士を目指してWスクールしながら必死で勉強するも、4年生のとき、力試しで受けた就職活動で外資の経営コンサルティング会社から内定をもらった彩子は、あっさり路線変更する。

外資系コンサルは、かなり給与水準が高く、実力次第で若いうちから出世が望める業界でもある。将来の安定のために資格を取ろうとしていたが、負けず嫌いで上昇志向の高い彩子は、就活を経てそういったフィールドで自分を試してみたくなったという。幸い、予備校で勉強してきた法律の知識は、現在の仕事でもかなり生かせている。

学生時代はテニスサークルに所属していた彩子は、そのサークルの先輩、大輔と大学1年生の頃から付き合っていた。大輔は幼稚舎出身の生粋の慶應ボーイである。

そもそも10代から何かと諸経費の掛かるテニスをたしなむ学生のほとんどは裕福な内部生であり、大学から慶應に入った彩子はサークル内では珍しい方だった。そのサークルは校内でもセレブの集団として知られていた。3歳年上の大輔は、とても穏やかな性格で包容力があり、何よりも遊び慣れていた。

同級生が日吉や渋谷で遊んでいる中、彩子は大輔の周りの友人らと西麻布やプラチナ通りで食事をするのが日常だったし、車を持っていた大輔は、彩子を色々な場所へ連れて行ってくれた。大輔と交際することで、彩子は周りよりだいぶ若くして東京での遊び方を覚えていく。

【慶應ガール、29歳】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ