東京同棲白書 Vol.1

東京同棲白書:結婚前提で始めた同棲生活だが…。同棲は結婚への弊害だった?!

同棲には、賛否両論ある。

興味深いのは、同棲の経験者、未経験者に関わらず、賛否の比率はほぼ変わらない所だ。

同棲という言葉に甘いイメージを抱いていた頃は過ぎ、同棲の酸いも甘いも知り尽くした東カレ読者に改めて問いたい。

はたして同棲はアリなのか、ナシなのか。なぜ、そこまで意見が分かれるのか。

これから、同棲中のカップルの現在と数年先の姿を紹介し、今改めて考えたい。同棲の先には何があるのだろうか?


半同棲から、自然な流れで同棲をスタート


「結婚前の同棲って、必要だと思います。」

27歳の翔太と美帆は、麻布十番の1LDKで同棲して1年半になる。同棲は必要だと言い切り、互いに見つめ合いながらにこりと笑う姿は、新婚カップルのように幸せそうだ。

現在二人が住んでいる部屋は、元々は翔太が一人暮らしをしていた部屋。そこへ美帆が引っ越してきたのが、ちょうど1年前になる。美帆は自由が丘で一人暮らしをしていたが、翔太と付き合い始めると、彼の部屋に泊まることが多くなり、渋谷の会社へもここから通うようになった。

自分の部屋へは週に1〜2回、荷物を取りに帰ったり、季節の変わり目に洋服を入れ替えに行ったりする程度で、家賃を払い続けるのが馬鹿らしくなった頃、美帆のマンションの契約更新の連絡が来たのを機に同棲をスタートした。

それは自然な流れだった。二人の気持ちが同じように盛り上がり、一緒にいたいという気持ちに、無理に蓋をする理由はなかった。また、結婚も考えている二人にとって、結婚前により相手を知るために、同棲は必要だと意見は一致した。

二人は大学の同期だが、大学時代に接点はなかった。大学卒業後に、共通の友人を通して仲良くなり、それから意気投合してすぐに交際が始まった。色黒で背が高く、水泳で鍛えたがっちり体型の翔太と、色白、華奢で黒髪ロングをなびかせる美帆は、お似合いの二人だと、友人たちから祝福された。

翔太は、友人と始めたインターネット関連広告代理店の役員をしており、年収は1,200万。役員と言っても、社員3名のまだまだ小さな会社で、翔太の高い営業能力で、じわじわと売上を伸ばしている。美帆は旅行会社で企画営業をしており、年収は550万。

18万の家賃は全て翔太が払い、他に光熱費、外食代も彼が払っている。美帆は、自宅でかかる食費と日用品代や雑費を払っている。これは同棲を始める前にきちんと話し合い二人で決めた。美帆の方が支払いの負担が少ない分、家事もほとんど美帆がこなす。

【東京同棲白書】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ