年収1,000万円プレイヤーの家計簿 Vol.4

交際費が多すぎて彼女に振られちゃったw 年収1,090万円の広告代理店マンの家計簿

世間一般的には花形といわれる「年収1,000万円」。

平成26年度の民間給与実態統計調査(出典:年収ラボ)によると、年収1,000万円越えは日本の労働人口の4.1%。30代以下に限定するともっと比率は下がり、40,50代になると徐々に比率は上がるだろう。

年収1,000万円プレイヤーはどのようなライフスタイルを送っているのだろうか。世間が思うような夢の暮らしなのか、それとも……?

取材を通して、彼らの実際の家計簿から支出傾向を探る。これまで独身の総合商社マン養育費をかける外資系コンサルタント飽き性な会社役員の家計簿を紹介したが、今週は32歳港区の大手広告代理店マンに迫る。


<今週の1,000万円プレイヤー>

名前:加藤(32)
職種:大手広告代理店勤務・イベント企画
年収:額面 1,090万円 (内訳:764万円、ボーナス 326万円)
月の手取り:47万円
住居:高輪台のマンション(持ち家) に一人暮らし
結婚:未婚


【6月分家計簿】



【支出の内訳】


東カレ読者が選ぶモテる職業ランキングでは10位にランクインしていた広告代理店。世間のイメージほど?東カレ読者の間ではモテておらず、会計士の後塵を拝す結果となっていた。

入社10年目になる加藤さん(32)は、大手広告代理店でインフラ関連企業をクライアントに持ち、そのイベントプロデュースに従事する。月の手取りは47万円、ボーナス326万円(額面)を含めて年収は1,090万円。

「僕の出費はほとんどが交際費に消えていきます」と代理店勤めらしい答えが返ってきた。

そんな加藤さんは過去に、交際費で400万円近くの借金を抱えたことも。将来を危惧したのか、当時の彼女に振られてしまった経験もあるという。支給されるボーナスの使い道は、日頃の交際費から出るマイナス分を補填していたといっても過言ではない。

そんな、加藤さんの支出を詳しく見てみよう。

【年収1,000万円プレイヤーの家計簿】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ