こじらせマン Vol.3

こじらせマン:未婚の自分にコンプレックスを抱える、35歳の出世頭イケイケ広告営業マン

数年前からよく耳にするようになった“こじらせ女子”。綾瀬はるか主演のドラマで一気に認知度が上がり、一時は流行語大賞にもノミネートされたこの言葉は、結婚したいのにできない、もしくはしようとしない、少々扱いづらい女性のことを指す。

そこから派生して、これまた最近よく聞くのが“こじらせ男子”。

この連載では、近年東カレ界隈で増殖するこの“こじらせマン”の実態を、同じくこじらせ女子であるフリーランスの雑誌編集者の絵美里(30歳)が毎回24時過ぎの都内の居酒屋を舞台に、紹介していく。

初回はモテ男なのになぜか結婚に縁遠い敏腕ディレクターの亮太、前回は10年恋愛を休んでいる草食系な健夫を紹介したが、今回は異例の出世を果たした優秀営業マンが、独身であることに対して抱えている劣等感や、それでも譲れない結婚相手に求める条件について赤裸々に告白する。


<今週のこじらせマン>

名前:幸太郎
年齢:35歳
職業:大手広告代理店営業
年収:1,300万
住まい:広尾
出身:アメリカ
理想の結婚相手:程よく可愛くて、程よく頭がよくて、程よく......


【こじらせマン】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo