注目のイタリアビールと一緒に!本場の味が楽しめる郷土料理系イタリアン4軒

アメリカのブームに呼応して、クラフト熱が高まるイタリア。高い技術力と豊かな感性が造りだすクラフトビールは世界が注目するニューカマー。味わいと華やかさが同居するイタリアビールの世界を覗いてみてはいかが?

“イタリアの素材で造った料理と合わせるビール”2016年イタリアビールコンテスト・ベルギービール部門で金賞を受賞したビアンカ ランチャはグラス¥500。オレンジピールやコリアンダーの爽やかな風味が特徴で、各種前菜・パスタとも好相性

4種の個性が幅広い郷土料理に寄り添う『ヴィッラ マニョーリア』

吉祥寺/イタリアン

イタリア帰りのシェフが手掛けるのは北から南まで約30種揃うイタリア全土の郷土料理。月毎に入れ替わるメニューのお供には、オーナーが現地で見つけて直輸入しているこのフレアを。

個々の特徴が際立った全4種は、何にでも合わせられる秀逸揃い。歴史的に名高い名水と自社栽培の大麦、太陽光エネルギーで製造された、スローフード大国ならではの地産ビールをじっくり味わって。

豊かな味わいと上品な脂身の旨みが絶品。梅山豚のグリル¥2,900。ドライな力強い味わいのストロングレッドエール、バストラと相性抜群

ピッチ カルティエーラ¥1,200。唐辛子とにんにくが効いたトマトソースの手打ちパスタ

内観

“ブドウ果汁や栗粉を使う自由な発想がイタリアン”左から、栗粉を使ったマロン¥1,512(330ml)、ワインのような余韻のビアベーラ ¥3,024(375ml)、緑茶を使ったヴァイツェンテ¥3,780(750ml)。ビールは季節替わり

薪窯焼きの極上パニーニとビールの競演『バール イタリアーノ ダ・パオロ』

練馬/バール

ナポリピッツァの名店『ジターリア・ダ・フィリッポ』のピザ職人による薪窯焼きの生地で、イタリア食材を惜しげもなくサンドしたパニーニが主役のイタリアンバール。クラフトビールはイタリア中部から北部まで約20種類。

日替わりの樽生クラフトも2種類あり、果物のようなアロマやリッチなボディを持つものなど、今、イタリアで注目の造り手の味に会える。

パルマ産生ハムや水牛のモッツァレラチーズなどをサンドしたパニーニ「シチリア」L ¥1,490。ホップの苦みと香りが心地よいロンバルディア州のティポピルス¥734と。樽生クラフトビールは時期ごとにイタリア各州から約2種類をセレクト

特製 白いラザニア¥972

内観

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ