僕らの世代の東京ソング Vol.4

三軒茶屋に住んでいる女は、ワインが大好き? 東京NIGHTSを彩る2000年代東京ソング5選

「世代の音楽」とは、人生でもっとも感受性が豊かで多感な時期、つまりその世代が「中学生から高校生までの間に触れた音楽」である。

今回は2000年代をテーマにし、「東京」が関係する楽曲を紹介していく。年齢で言えば20代~30代がちょうど「世代の音楽」として当てはまるだろう。

懐かしのあの曲から、初めて耳にするあの曲まで。あの時代を思い返していきたい。

女性アーティストの勢いを感じる2000年代


2000年代前半はITバブルによって、六本木ヒルズにオフィスを構えることがひとつのステータスだった。ヒルズレジデンスに住む人も含めて「ヒルズ族」と呼ばれ、ライブドアの堀江氏、楽天の三木谷氏、村上ファンドの村上氏など、日本のセレブの発信地として一世を風靡。

この時期は“歌姫”と呼ばれる女性アーティストと、長きに渡りアイドル時代を築き上げるモーニング娘。のヒット曲が多い印象。歌姫のひとり、浜崎あゆみは200億円以上を年間で売り上げ、長者番付にもランクインしていた。

後のトップアイドルとして君臨するAKB48(2005年12月8日に誕生)も、元々はモーニング娘。に憧れ、オーディションを受けていたメンバーが多い。そんな新たな時代の幕開けを感じさせた「東京」をプレイバック!

恋をしちゃいました ~タンポポ~

2001年02月21日発売


「原宿だし お人がウジャウジャ 見つけられるかどうか 心配していたら」

1999年からモーニング娘。の勢いは凄かった。発売するシングルはミリオンを突破し、レギュラー番組を多く抱えるなど、今のアイドル文化の土台を作ったと言っても過言ではない。タンポポはその中から誕生した、最初のグループ内ユニット。

当時はモーニング娘。とは違う、女性らしさを感じさせることで新たな人気を獲得していた。花のタンポポのように、目立つことはない。しかし地道に根を張った活動が多くのファンに受けていたことだろう。

「恋をしちゃいました」はタンポポ最大のヒットシングルと言われ、男女の初デートの様を描いた可愛らしい一曲。デートの待ち合わせに人が多く、見つけるのにも行くのにも大変な原宿を選ぶ当たりが初々しさを感じられる。

当時はすでに携帯メールが当たり前となり、相手との距離が縮まるひとつのツールとして使われていた。告白も直接や手紙ではなくメールに。現にこの歌詞でも「デートの最後メール来た 君が好きです」と歌われており、男らしく直接告白!という文化ではなかった。

また「ラーメンを食べました」で思い浮かべる、当時の原宿のラーメン店と言えば『九州じゃんがららあめん』『野方ホープ』。どちらもこってり系なので、デートとしてはハードルの高いチョイスだと思わされる。

【僕らの世代の東京ソング】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ