僕らの世代の東京ソング Vol.3

報酬が入社後平行線で上がらない東京を嘆く!? 歌詞に「東京」が出てくる90年代ソング5選


「世代の音楽」とは、人生でもっとも感受性が豊かで多感な時期、つまりその世代が「中学生から高校生までの間に触れた音楽」である。

今回は90年代をテーマにし、「東京」が関係する楽曲を紹介していく。年齢で言えば30代~40代がちょうど「世代の音楽」としてあてはまるだろう。

懐かしのあの曲から、初めて耳にするあの曲まで。あの時代を思い返していきたい。

90年代といえば、Jポップの全盛期!


この年はバブルが弾け、阪神淡路大震災やオウム真理教事件など暗いニュースが多い印象だ。そんな世の中を明るくしたいという気持ちがあってか、90年代は日本を励ますような明るいポップな曲が多い。

この時期ヒットした曲は1990年発売の人気アニメ『ちびまる子ちゃん』の主題歌であるB.B.クィーンズの「おどるポンポコリン」や、1992年発売の米米CLUBの「君がいるだけで 」。1993年発売CHAGE&ASKAの「YAH YAH YAH」など、トレンディかつおしゃれでストーリー性のある曲が多く見られる。

悲しいことを忘れさせてくれて、不安を取り除いてくれる楽曲が受けていたといえる。「小室ファミリー」「つんくファミリー」といった面々がJポップシーンを席巻し始めたのもこの時代。

カラオケボックスも増え始め、気軽に歌を楽しめるように。若者たちが不安と期待を抱きながら歩んだ「東京」をプレイバック!

ラブ・ストーリーは突然に ~小田和正~

1991年2月6日発売


「あの日 あの時 あの場所で 君に会えなかったら」

人気トレンディドラマ『東京ラブストーリー』の主題歌。歌詞の中にあるあの場所というのは物語が展開する“東京”を指しており、当時のドラマのキャッチコピーは「東京では誰もがラブストーリーの主人公になる」だった。

原作は柴門ふみによる漫画で、ドラマではカンチを織田裕二、リカを鈴木保奈美が演じた。有名なセリフのひとつ「カンチ、セックスしよ!」は、当時の視聴者に衝撃を与えたことだろう。この頃から女性が男性を誘うという文化も普通となり、“肉食系女子”の走りが伺える。

当時のトレンディドラマは、親元を離れた若者が恋愛を軸に東京で生きていく様と、現実離れしたおしゃれな場所で描かれているものが多い。これは今の東京カレンダーWEBでの連載小説・エッセイにも準ずるものがあり、トレンディという文化がリバイバルされている象徴である。当時、中高生では理解できなかった最終回のリカが残した「バイバイ、カンチ」というメッセージも、大人になった今なら分かるかもしれない。

今年の1月には「週刊ビッグコミックスピリッツ」で、25年後の東京ラブストーリー続編が発表された。50歳となったリカとカンチの再会にドキドキしながら見守った、東カレ読者も少なくはないだろう。

【僕らの世代の東京ソング】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ