今だけ! 生まれ変わった銀座の名店で至福のシャンパン&ワイン飲み放題!

貴腐ワインを惜しみなく使った贅沢なシュークリーム。かわいいデコレーションを施した特別仕様で、誰もが笑顔に!

見た目も中身も特盛り!なデザートでテンションアップ

せっかくこの店に足を運ぶなら、お祝いやアニバーサリーで利用したい。実は、そんな人におすすめの技がある。

『マニエール』の常連ならば知っている、シェフパティシエ宮田真代氏が作る別注のデザートだ。たとえば、と用意されたのは「貴腐ワイン入りシュークリーム」。中身のクリームが分離する手前のぎりぎりまでたっぷりと貴腐ワインを入れた贅沢な一品だ。

20cmほどのタワー状に積み上げられ、チョコレートのリボン細工が飾られた見た目の華やかさはインパクトは絶大。参考価格は5人前で10,000円程度。価格やアイデアは応相談で、1人前から用意可能だという。

無料でバージョンアップできる、アニバーサリー用デザートも。もちろん、フリーフロー

コース内のデザートのお祝いデコレーションは無料!

今回紹介する特別コースには既にデザートが付くが、「それを無料でアニバーサリー用の飾りつけにすることもできますよ」と吉岡氏。

今回は別途、チョコレートや苺でハートを模ったロマンティックなプレートが登場した。「こちらをプラス1,000円で、コースにさらに追加することも可能です」。これだけでも女心はぐっと捕まれること間違いない!

思わず歓声が上がる美しさ! エディブルフラワー=飾りという概念を覆す、深い味わいを持った花々に驚かされる。ビネガーとアボカドオイルでさっぱりと。

妥協なきサービス精神。体験するなら今月中がおすすめ!

さて、もしあなたが『マニエール』のメニューに苦手な食材を発見したら、楽しみにしてほしい。通常メニューから苦手食材だけを抜いて提供するような無粋なことは、決してしないのがマニエール流だからだ。

「たとえば前菜の鰹が苦手な方には、今ならこんなメニューをご用意しています」と出されたのが、一面花畑のようにエディブルフラワーで覆われた8種のハーブのサラダ。中にはバラの花に見立てたトマトに包まれるように、自家製フラワービネガーがさわやかに香るタブレが詰まっている。

「最近のエディブルフラワーは本当に美味しいものが多くて。それを知ってもらいたくて作りました」と話す小清水氏。「苦手なものを抜いたり代替品にするのでなく、まったく別の、特別なメニューに差し替えれば、もっと楽しんでもらえると思うんです」と吉岡氏。

各座席には、バラの生花が飾られたガラスの器が。着席後、それぞれのバラはテーブル中央の花器に集められ、料理がスタートする。ロマンチックな演出だ。

シャンパンフリーフローの大盤振る舞いやコース内容の充実ぶり、はたまた別注デザートや差し替え料理に至るまで、「そこまでやるの?」と思わせる徹底したサービスは、すべてお客さまに喜んでもらうため。

むしろ、そうすることを楽しんでいる様子の吉岡氏と小清水氏に、真のサービスマンとシェフの姿を見た。今後が楽しみな『マニエール』だが、「シェフお披露目 シャンパーニュフリーフロー付きディナーコース」の提供は、この6月いっぱいで終了予定。

またとない機会を逃さないよう、くれぐれも予定表にメモをお忘れなく。絶対にお得です!

著名デザイナーが手掛けたインテリアは、どこまでもゴージャス。少し奥まったドアの先にある個室は、特別な日の宴に最適だ。

オーナーソムリエ・吉岡氏と、新たにシェフに就任した小清水氏。二人の個性が、これからどう化学反応を起こしていくのか、乞うご期待。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo