独り東京 Vol.4

戸越銀座からなんと表参道まで!おひとり様でも行きやすい、お洒落銭湯3選

おひとり様歴7年のぼっち編集者・林が送る気ままな東京遊び。

前回はひとりだからこそ楽しめるプレミアムシートを紹介しましたが、今回は「銭湯」。

銭湯っていいですよね。古い建物が好きな私としては、昔ながらの銭湯にはとても興奮します。引っ越しをするときも、自宅の近くにいくつ銭湯があるのかを把握してから決めるほど。大浴場で知らないおばちゃんと会話をしたり、お風呂あがりにビールを飲む。髪の毛も少し半乾きで外に出ると、いまの季節は涼しくていいのではないでしょうか?

といういことで、今回はひとりで足を運びやすい、おしゃれな銭湯をご紹介します。ひとり銭湯デビューがまだな方でも利用しやすいので、ぜひお出かけしてみてください。

真っ黒なお湯で美白効果!『戸越銀座温泉』


都内で一番長い商店街として有名な戸越銀座商店街。そのすぐそばにあるのが『戸越銀座温泉』です。こちらは“月の湯”と“陽の湯”ふたつの浴槽があり、毎日男湯と女湯の入れ替えが行われています。

月の湯の内風呂、陽の湯の外風呂にあるのが名物の「黒湯温泉」通称美肌の湯。その名の通りお湯が真っ黒なのですが、インパクトがあるだけではなく皮膚をなめらかにするパワーを持っています。

また陽の湯には、肌に優しい軟水を使った軟水炭酸泉風呂・通称美人の湯。月の湯には、軟水を使ったお湯をベースに漢方生薬配合の入浴剤、アロマハーブ系の入浴剤などを日替わりで入れた薬湯風呂が用意されています。

広いお風呂で足を伸ばしたいから、たまにはゆっくりしたいという理由から銭湯に行くという人も多いでしょう。でも、どうせなら女性にとって嬉しい効果があるところに行きたいですよね。そんな癒しと美、両方が手に入る『戸越銀座温泉』へ浸かりに行きましょう。

お風呂で綺麗になったあとは戸越銀座商店街をぶらりしてみるのもいいかもしれません。食べ歩きとしても有名なのでビール片手にコロッケ、唐揚げ、焼きそばを食べたり、40種類のグローバルな“塩”が選べる専門店でお土産を買うのもオススメ。

せっかくの温泉効果もプラマイゼロにはなりそうですが、それもまたありでしょう!

昔の銭湯のイメージを残しつつも、おしゃれな内装に。ケロヨンは持って行きにくいですね……

月の湯、陽の湯、それぞれに描かれた富士山。美しい空と雲を背景にした富士山とオレンジの背景が特徴的で、見ていると吸いこまれそう。両方の浴槽を楽しみたくなります

陽の湯にある露天風呂。天井から降りそそぐ陽を浴びながらゆっくり浸かりたいです

『戸越銀座温泉』
東京都品川区戸越2-1-6
15:00~25:00
(日曜・祝日・祭日 朝湯あり8:00~12:00)
金曜休

【独り東京】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ