独り東京 Vol.3

独り東京:映画と星空は、プレミアムシートで観るのがおひとり様の極みなんです!


おひとり様歴7年のぼっち編集者・林が送る気ままな東京遊び。

前回はお散歩ついでに行ける都内のスピリチュアルスポットを紹介しましたが、今回はひとりだからこそ贅沢に過ごせる「プレミアムシート」です。

映画は絶対ひとり派!ですが、正直ひとりでも椅子の間隔が狭いので隣に知らない人がいると「いやだなぁ~、いやだなぁ~(稲川淳二風)」と思うことも。集中ができず、結局家がシアターとなってしまい、DVDレンタルまで待つということもあります。

そんなときは少しリッチに“プレミアムシート”を使ってみてはいかがでしょうか?いつものチケットにプラスするだけで、特別な時間が過ごせますよ。

映画を観ることだけに集中させてくれる『TOHOシネマズ』

プレミア ラグジュアリー シート(鑑賞料金+3,000円)


映画館に行く目的は、その映画を観たいから。あたりまえですよね。でも、せっかくなら心地よく観たくはないですか?長時間同じ姿勢で腰や背中が痛くなったら、楽しい時間も台無し。そんな思いを叶えてくれるのが『TOHOシネマズ』にある“特別なシート”です。

いくつかシートはありますが、中でもオススメなのはプレミア ラグジュアリー シート(鑑賞料金+3,000円)。足台の付いた革製の電動リクライニングシートで、ドリンクホルダーは大理石仕様のミニテーブル。まるで飛行機のファーストクラスに座っている気分に浸れます。長時間の映画でも体が疲れないので、思わず寝てしまいそうになるのでご注意!

フロント リクライニング シート(鑑賞料金+1,000円)座席の最前列に配置されたシート。気が付いたら映画の世界に吸い込まれほどの、大迫力が体感できます

プレミア ボックス シート®(鑑賞料金+1,000円)従来の1.5倍の広さのシートは、海外の航空会社でも採用。シートごとの仕切りがあるので、隣を気にすることなく惹きこまれます


さて、ここまではシートについてご紹介しましたが、「TOHOシネマズ」は映像と音響も最高級。

壁一面に広がる巨大スクリーン「TCX=TOHO CINEMAS EXTRA LARGE SCREEN」、プロも認めるAV機器メーカー、ドルビー社が提供する「ドルビーアトモス」が、ストーリーを盛りたてます。そのほか、まるで映画の中にいるかのような臨場感を味わえる「IMAX」。

映画のシーンに合わせて、客席のシートが前後、左右、上下に作動し、風、ミスト、香り、ストロボ、煙といった合計11種の特殊効果が連動する「MX4D」などが設置されている劇場も。ここまで完璧だと頭が下がります。

仕事はタイトスカートにヒール。1日パソコンに向かうデスクワークもあれば、取材先に出向いたり……。自分のやりたい仕事とはいえ正直、お疲れモードになるときもあります。だからこそ、映画を観るときぐらいは、贅沢をしてもいいと思うんです!

眠気に襲われそうなぐらい気持ちいい椅子で、お行儀を少し忘れ足を投げ出して、好きな食べ物や飲み物を楽しみながら作品を観る。映画が終わっても帰りたくなくなっちゃいそうですよね。

『プレミアシート設置劇場』
・プレミア ラグジュアリー シート
・フロント リクライニング シート
 TOHOシネマ新宿、六本木
・プレミア ボックス シート®
 TOHOシネマ新宿、日本橋、六本木

【独り東京】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ