究極のうにグルメリスティクル Vol.3

とにかくうにが好きなあなたへ!大満足できる東京うにグルメ8選

うに食べ比べ丼

食べ比べができる、築地のうに専門店『うに虎喰』

築地市場

築地唯一のうに専門店『うに虎喰』では、常に産地別で5~8種類の食べ比べを楽しめるのがうれしい。

この丼に使用するうには国産の5種。右から釧路産エゾバフンウニ、青森むつ産ムラサキウニ、北方四島産エゾバフン、根室産キタムラサキ、根室産のバフンウニ。中でも北方四島産がとりわけクリーミーで甘く、青森むつ産は粒の際立ちとすっきり感があるな…と、その違いを一つ一つ味わっていけるのが嬉しい。

うにが5種の味比べができるので全く飽きないし、下のすし飯の味付けも絶妙で、言葉を失う勢いで食べすすめてしまう。付け合せの塩こぶや紫蘇もいいバイブレーションを与えてくれ、醤油がいらないほど。うにの旨味に溺れよう。

後半にいよいよ卵を割ると、これまた驚愕の美味しさ!ここで思わず「日本一の卵かけごはん決定!!」と声が出てしまうに違いない。

うに食べ比べ握り

「そうそう、うにの寿司は、軍艦じゃないんですよ…。握りで頂きたいんです…!わかっていらっしゃる!! 」と膝を打ちたくなるのがこの「食べ比べ握り」。

軍艦だとどうしても海苔の風味が強く出てしまうが、握りならうに本来の味わいのみが味わえる。

「昆布によって採れるうにの味わいが変わってくる」など大将の嵯峨さんの言葉に耳を傾け、店を出るころには「やっぱりうには根室産のキタムラサキに限る」などとマイベストを決めたくなる。

こんな「うにまみれ」な体験、一生に一度は味わってほしい。

【究極のうにグルメリスティクル】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo