男の到達点『メガヨット』 Vol.2

男の到達点『メガヨット』:この一流ホテルのスイートみたいな内装で「ヨット」だそうです

curated by
ナイジェル・ビーティー

地球の海の面積は約7割。地球に生まれたからには、陸地よりもはるかに広大な海を楽しみたいですよね。そんな人類の夢を叶えてくれるのがメガヨット。そこで、これまで30万海里以上にもなる航海経験をもつキャプテン・ナイジェル氏におすすめのメガヨットを聞いてみた。

本日は、遠くから見えるスリークなシルエットに、シャープなカーブが美しいライン。スポーティなルックスで少々未来的だがエレガントなヨット。ベネッティの「オーシャン・パラダイス」号をご紹介。

パーフェクトボート

BENETTI 55m "Ocean Paradise"

白い船体と上部構造のこのオーシャン・パラダイス号は力強さと気品を備えている。

デッキとインテリアはクリーンでシンプル、そしてスタイリッシュという私が一番好きなタイプのデザインだ。メインデッキの後方を歩くと、そこはスペースを広く取ったオープンでモダンな空間となっている。

U型のラウンジソファとコーヒーテーブルがあるこのエリアでゲストは思う存分リラックスすることができる。

後方デッキの下のトランサムを開けると広大なスイムプラットフォームとビーチクラブになる。ここではオープンエアの雰囲気を楽しめるだけでなく、プライバシーも完璧で眺めも最高、ほんの数歩で海へダイブすることができる。

オープンプランのメインサロンはモダンでコンテンポラリーなデザインだ。大型の窓から入る自然光が後方にあるラウンジを明るい雰囲気にしてくれる。この窓はプライバシーを守りつつ、最高の眺めを提供してくれる。

前方に向かい、「和風」庭園を抜け、マスターエントランスを入ると、そこにマスタースイートがある。ここにはデイベッドにフラットスクリーンのテレビもあり、映画を楽しむにはうってつけだ。

豪華で横幅いっぱいにスペースを取った白のカーペットが眩しいマスターステートルームは、ゲストを豪華かつ柔らかく包んでくれる。

左舷にある大きくて縦型の窓からのパノラマビューは圧巻だ。右舷側には大きなプライベートなバルコニーもある。引き戸を開けて、テラスから宝石のような眺めを堪能することができる。

プライバシーをしっかりと守られたスイートで夕日を眺めながらのカクテルや日の出を背景に朝食、ハンモックに揺られながら読書……まさに夢のような経験になるだろう。

中に入ると、バスルームセクションは大きなガラスの壁で仕切られ、シャワーに大きな楕円形のバスタブ、トイレに広いドレッシングルームに幅広く取った収納スペースもある。

【男の到達点『メガヨット』】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ