ふわふわトロトロ!極上濃厚な卵グルメが堪能できる店10選

口に入れた瞬間、いや食べる前から幸せを感じられる、見た目鮮やかでふわトロの卵料理。その幸せを作り出せるのは、見事なプロの技があるからこそ。鉄板の温度から火入れ、食材まで徹底的にこだわったプロの卵料理をご紹介。

さて、アナタはどれがお好み?コレステロールなんか気にせずに、卵の世界の飛び込もう!

とろ~り卵と甘辛味に箸が止まらない「親子丼」¥1,000

とろり系卵料理の王様!ジューシーな伊達鶏の親子丼『鳥焼 笹や』

目黒駅から徒歩10分、権之助坂を下る目黒川手前の閑静な一角にひっそりと佇む 『鳥焼 笹や』。黒を基調としたシックな店内は、「大人が楽しむ焼き鳥」というコンセプト通りの印象を受ける。

笹谷政文氏が15年修業を積み2007年にオープンさせたこの店では、鶏が焼き上がる寸前の一番美味しいタイミングで提供される。こだわりの鶏は、ジューシーで味わいある伊達鶏を使用。毎朝産地から直接仕入れ、お店で一羽一羽丁寧に捌いているから新鮮そのもの。焼きは紀州備長炭を使用し、鶏本来の味が楽しめるのである。

ジューシーで味わいある「伊達鶏」を使用

〆の一品として人気の「親子丼」にも鶏肉と同じ伊達鶏の卵が使われている。濃厚な黄身が特徴の伊達鶏の卵に合わせるのは、さっと火を通した伊達鶏のモモ肉。三つ葉を散らせば、ふわトロ親子丼の完成だ。10時間以上煮出すという鶏スープもまた、体に染みる一品。

プレーン出汁巻¥380。プレーンの他、ネギや明太子も揃っている

職人技が光るシンプルなプレーン出汁巻きを堪能『赤蔵』

店名である『赤蔵』とは、 東京赤坂の小粋な蔵、“粋を知る大人が集う場所”という意味。鉄板料理にしては珍しい、バースタイルの空間だ。

いつまでも座っていたくなるスツールとソファーで追及したという「居心地」の良さ、新鮮なお肉や魚介を目の前の重厚グリドルで調理し、五感を刺激する鉄板料理を提供する「胃心地」、そして上質なバーで贅沢に時間を費やす、煩雑な日常から離れた癒しのひと時を味わえる「異心地」という、3つの「いごこち」を提供してくれる。

バースタイルの空間に鉄板という珍しい店内

そんな大人の社交場で楽しむ卵料理は、シンプルだからこそ職人の技が光る『プレーン出汁巻』。体格のよいシェフが創り上げる繊細な出し巻き卵は、ついつい見とれてしまうほどの職人技。お袋の味という卵焼きのイメージを覆すような、上質な気分になれる一品だ。

ほとんどの客がオーダーする「キッチンのポテトサラダ」¥750

客のほとんどが必ずオーダーする新感覚ポテサラ『KITCHEN NAKAMURA』

渋谷の人気和食店「並木橋なかむら」の姉妹店として2013年5月にOPENした『KITCHEN NAKAMURA』。日本の食材を生かした料理と豊富なワインを取り揃えるカジュアルなダイニングは、仲間で楽しむのも良し、カウンターではしっぽり飲むこともできる使い勝手の良さが人気の秘密だ。ラ・ポルト青山の地下1階に店を構え、70席という広さにも関わらず、連日満席状態!

ここでほとんどの客がオーダーするとういう人気メニューが「キッチンのポテサラ」。ただのポテサラとあなどるなかれ。 自家製パンチェッタと厚切りベーコンたっぷりの贅沢なポテサラに合わせるのは、絶妙な半熟加減のスクランブルエッグ。シンプルにポテサラももちろん旨いが、ここでは半熟卵をたっぷり絡めて食べるのがお約束。洋食店ならではの新しい卵の楽しみ方、ぜひ、チャレンジしてみてほしい。

鶏ささみのユッケ¥560

ぽてっとした濃厚な卵黄が輝く鶏ユッケが絶品『鶏と酒 毘央志』

肉厚でジューシーな鳥取県産「匠の大山鶏」をメインに使用する鶏料理店『鶏と酒 毘央志』。料理に合う全国の日本酒や焼酎を店主の目利きで揃えている、酒好きにはたまらない店が蒲田にある。

抜群の鮮度だからこそ楽しめる『鶏ささみのユッケ』が店の看板料理。ぽてっとした濃厚な卵黄を鶏ささみとしっかり混ぜ、口の中へ運ぶ。そこへ日本酒をくいっと…、これが酒好きにとっては至福の時なのである。

黄身はしっかりと鶏ささみと混ぜていただく

こだわりの地鶏を使用した「匠の大山鶏の親子丼」や、鶏ガラからとった和風だしが効いた「自家製 鶏スープのおでん」、「鶏刺し」なども、常連に人気のメニューだ。

気さくな店主との会話を楽しみながら、気持ちよく酔える店は今の時代貴重かもしれない。

全国の日本酒や焼酎を店主の目利きで揃えている

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ