サクッと飲むのも大人は鮨屋で。六本木で朝5時まで営業の鮨屋が頼もしすぎる!

「大人といえば鮨屋」というのが一般的なイメージ。そこには、若者を寄せ付けない雰囲気がある。

自分にはまだ早い、と思っていたら、気づけば32歳の立派な大人。

そろそろ日常に鮨を取り入れてもいい年頃だろう。

たとえば、こちらの同僚のふたり。彼らはどのように鮨屋と向き合っているのだろうか。

早速、見てみよう。


残業後、一緒になった同期との“深夜に鮨”という大人な選択。

時を回る頃、後ろから「遅いな〜」と、茶化す声が聞こえた。10年来の同期の井上だ。

「まだ終わらないのか?」

こんな時間まで会社にいるのは久しぶりだ。

「いや、終わる。井上も今日は遅いな」

改めて振り向いてみると、井上はいたずらっ子のような顔で笑っている。

「行こうぜ、久々に」


入社して数年は、よくふたりで飲みに行っていた。だが、10年が経ち、互いに責任のある立場になり、その機会もめっきり減った。

「そうだな。久々に行くか」


毎日顔を合わせているだけに、予定を合わせて飲むほどじゃない。

かといって、会社の飲みでは部下や周囲の連中もいるし、深い話に辿り着かない。

つまり、積もる話がたくさんある。だからこそ、美味しいものをじっくり楽しみたいと思った。

タクシーに飛び乗り、飯倉の交差点を六本木方面へ。上質なつまみと鮨が楽しめる『意気な寿し処 阿部 六本木店』だ。営業は朝5時まで。さあ、何から語ろうか。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo