弁護士婚活事情 Vol.2

弁護士婚活事情:婚前契約を結ばないと結婚はしない。34歳エリート弁護士の結婚観

弁護士は、婚活市場においていまだに優良銘柄なのか?それとも、2016年の東京において、弁護士がモテるというのはもはや幻想にすぎないのか?そんな議論が盛り上がりを見せる中、前回は、爽やかな若手エリート弁護士が登場し、イマドキの弁護士モテない説に異を唱えた。

たしかに、大学の図書館にこもり、20代のキラキラした時期を勉強に捧げてきた弁護士の生態は、他の業界からすると謎が多いだろう。一般の企業に比べ、とにかく個性の強い人が多い弁護士業界には、他にも様々なタイプの弁護士がいる。弁護士の婚活事情の実態を知るには、タイプの異なる弁護士の話を聞いていく必要がありそうだ。

今回は、34歳でなお独身を貫くエリート弁護士のライフスタイルと結婚観に迫る。

<今週の東京婚活弁護士>
名前:紀彦34歳
勤務先法律事務所:都内ブティック型法律事務所
年収:約3,000万円
学歴:東京大学、アメリカの有名ロースクール
住まい:白金高輪
家賃:30万円
交際ステータス:独身・彼女なし
趣味:アニメ鑑......


【弁護士婚活事情】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo