グルメハッカーHが行く! Vol.1

徹底解剖!まい泉&メルヘンの日本2大かつサンドを身体測定してみた

インターネットや、ライフハックなど、最近ではよく耳にする「HACK」という言葉。もともと斧などで切り刻むという意味。バラバラにして内部を調査し、熟知することなのだ。

長く愛される老舗位、名店の逸品を、抜き打ちで身体検査!そして解体!その人気とうまさの秘訣を“グルメHacker H”がHACKする!
第一回目はテレビ、雑誌などマスコミ業界では差し入れの定番として知られるとんかつ屋『まい泉』と、サンドイッチ専門店の『メルヘン』のかつサンドを抜き打ち検査!

それでは、誰もが一度は食べたことがある、この二雄の美味さの秘密を徹底的に身体測定してみよう!

花街で生まれた、おちょぼ口サイズ!
女性、子供にも愛される八方美人な『まい泉』ヒレかつサンド

パッケージに描かれたマークは井筒紋。正式店名でもある『井筒まい泉』は井戸の泉のように水が湧き出て広がる様子をデザインしたものだとか

花街では芸者衆に、帝劇では女性客に愛された女性の強い味方。

そもそも、かつサンドは、格式ある下谷花柳界にあったお座敷洋食店『井泉』で生まれた。お店のお座敷で舞う芸者たちが、手や口周りを汚さずに食べられるようにという、女将の粋なはからいから誕生したものだという。

創業昭和40年の老舗『井筒まい泉』は、主婦だった小出千代子さんが東京有楽町に開業したとんかつ屋だ。開店後まもなくヒレかつサンドを扱うようになり、帝国劇場の観劇用にと、女性から大きな支持を集めるようになった。

ガッツリ飯代表のようなかつサンドだが、実は女性のために開発され、発展し続けてきた、なんともレディーファーストなモバイルフードだ。

創業以来50年、長く広く愛される『まい泉』のかつサンドを、その秘密を探るべく身体測定!

化粧箱に入れて、お持たせとしても活用される四角いかつサンド。3つという奇数も、縁起の良さや、見栄えの面でも重宝される

【測定結果】
高さ2.8 x 横3.1 x 縦7cm
かつ 7cmx5cm x 厚さ2cm
重さ 125g

最初に口に入る部分は、女性が口を大きく開けなくても、上品にいただける高さ2.8cm、横幅3.1cmという小ぶりサイズ。

横幅とも3cm前後。手が汚れないように、とんかつを密封する設計のためパン縦幅はかつより3cm広い7cm。

市販の食パンが10〜12cmと比較すると、サイズ感がうかがえる。箸でも切れるとんかつは、その柔らかさが最大限に伝わる2cmという厚みだ。

それでは、次ページからは、外見に続き中身を徹底解剖して美味しさの秘密を探ってみよう!

【グルメハッカーHが行く!】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ