ワイン著名人達が本気で通う、マリアージュが楽しめる焼肉屋4選

並々ならぬ経験と知識をもつワインのプロも、焼肉×ワインのマリアージュを堪能することがある。

そこで識者4人に、旨い焼肉とその店が取り扱うワインのペアについて教えてもらった。

A5シャトーブリアン(¥5,800)に合わせるは「ジャン・クロード・マス カベルネ・ソーヴィニヨン レゼルヴ 2014年」(店内価格¥3,780)。南仏産でカベルネ・ソーヴィニヨン100%

百貨店のワイン売場責任者を経てワインのインポーターに。各メディアでワインについて寄稿するほか、漫画『神の雫』連載開始時より原作者にさまざまな助言を行い、本作に登場する本間長介のモデルでもある。座右の銘は“百聞は一飲にしかず”


「最高品質な肉のときこそワインは引き立て役に徹するべき」

名物のシャトーブリアンで真性の肉好きたちのハートを鷲掴みにしている『サトーブリアン』(ご主人の名前は佐藤明弘さん)。

肉質がきめ細やかで豊潤な旨みのある黒毛和牛のシャトーブリアンを食べるとき、ワインはその引き立て役に徹するべきだと本間さんは考える。

「このような最高品質の肉の良き伴侶となるワインのキーワードは、ズバリ“タンニンの質”。なめらかでシルキー、柔らかで食材を包み込むようなタンニンを持つワインが理想的です。

アグレッシブなタンニンをもつワインだと、その饒舌さゆえ、時に食材の美質さえ覆い隠してしまう。逆にフルボディでもソフトでシルキーなタンニンのあるワインなら、良質な肉とのマリアージュは格別です」

本間さんがもう1本この店で推すワインが、「ベルナール・ド・ラグランジュ ブルゴーニュ ピノ・ノワール 2004年」。熟成によりタンニンは穏やか、こちらもシャトーブリアンとの相性抜群

定番のねぎタン塩(¥1,600)と「クラマン グラン・クリュNV ギィ ラルマンディエ」(¥9,600)。細かく刻まれたねぎは肉との密着率が高く、ひっくり返しても落ちないほど

ワイン専門誌を経て独立。以来男性誌を中心にワインや料理について多数コーディネート・執筆。2009年にオフィシエ・ド・シャンパーニュを叙任。年間1000 アイテムほどのシャンパンを試飲する。常に餃子とのマリアージュを考えているほどの餃子好き


「焼肉に合わせて泡や白をきちんとしたグラスで飲めるのが嬉しい」

藤崎さんの『十々 西麻布店』歴は約25年! 深夜5時まで営業しており、かつグラスがきちんとリーデルであるのが安心して行ける理由のひとつだそう。

多くの焼肉店が“肉には赤ワイン”というなかで、シャンパンやワイン好きがニヤリとする白ワインなどが揃っているのもご贔屓ポイントだ。

「肉の脂分は酸があると食べやすくなるので、私は白でまとめますね。レモンと肉が合う原理と似ています。

脂が多いものにはソーヴィニヨン・ブランやサンセール、ねぎタン塩にはブラン・ド・ブランのシャンパンなど。

特にこのクラマンはグラン・クリュのふくよかな味わいがリアルに出ていて、お肉との相性がすごくよいですよ」

タレでも白を飲むことが多いという藤崎さんだけれど、この2本のようなブルゴーニュの赤なら開けることがあるとか。そのときには薄切りの赤身や特選牛の部位を食べる

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ