何度でも言おう!「都内でデートに使えるビストロを抑えておくべし!」

自分の好みの組み合わせを選べるのが嬉しい。(左から)鈴盛農園カラフル人参のキャラメリゼ、さろべつ蝦夷鹿骨グリル、ブロッコリーのガーリックソテー。メニューは季節により異なる。写真は一例

炎の溶岩石グリルで素材の味わいを引き出す『ロッジビストロSARU』

学芸大学

カジュアルなビストロ人気が高まるなか、次々に新しいコンセプトの店を打ち出し注目を集めている『SARU』。2015年2月にオープンした最新店『ロッジビストロ SARU』のテーマは“山のいのちをいただこう”。

山小屋をイメージした温もりのある空間では、溶岩石グリルで余分な脂を落としながら焼きあげる肉料理や、フレッシュな野菜の料理を堪能することができる。日本の気候風土が育んだ力強い食材の味わいに、思わず心を打たれるはず。コストパフォーマンスの高いランチもおすすめだ。

青森シャモロック卵の濃厚ブラジルプリン。メニューは季節により異なる。写真は一例

いも豚のロース肉のロティ。口のなかでトロリととろける食感と甘い脂の余韻を楽しんで。豚料理の美味しさに開眼するはず!

※メニューは時期などによって変動あり。

とろける豚肉料理と自然なつくりのワインを堪能『オ デリス ド ドディーヌ』

大門

ボリューミィな豚肉料理と自然なつくりのワインを楽しめるビストロとして、界隈ではすっかりメジャーな存在となった『オ デリス ド ドディーヌ』。メインに扱う豚は、加藤木 裕シェフの故郷である茨城県のいも豚と梅山豚に限定。

甘く上品な脂とその柔らかい肉質に、豚肉料理へのイメージがくつがえされるはず。心からワインを愛するソムリエ、関谷さんとのワイン談義も楽しく、誰と訪れても盛り上がること間違いなし。ビストロの“真価”を感じさせる、まごうことなき名店だ。

魚介のタブレ。クスクスの食感、イカや海老など、新鮮な魚介の味わいを楽しめる清涼感あふれる逸品。季節などによりメニューは異なる。写真は一例

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、記事配信時点でのものです。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo