都内ラグジュアリーホテルの美人すぎる女性スタッフ、その仕事に迫る

美しい笑顔でゲストを迎えるホテルの女性スタッフたち。その中でも「美人すぎる!」と噂の3人に取材を敢行。そんな彼女たちのさり気なくも、もてなしの心に溢れるサービスを体験すれば、ちょっとお高くても、逆に得した気分になれるかも?!

ゲストの期待を裏切らないためにパーソナルなサービスを提供

マンダリン オリエンタル 東京/ダイニングフロアアンバサダー・山瀬 優さん

37Fダイニングフロアで出迎えてくれるのは、黒いチャイナドレスに深いスリットの入ったユニフォームに身を包んだ山瀬 優さん。山瀬さんはホテルで唯一“ダイニングフロアアンバサダー”というポジションを担当している。

主な仕事はゲストたちのアテンドだが、フレキシブルな持ち回りのためその内容は多岐にわたる。例えば1FでVIPゲストの出迎えをすることもあれば、各ダイニングに興味をもってふらりと訪れた人には内観を案内し、メニューを丁寧に説明。そして外国人ゲストとの会話では、滞在中の日本の楽しみ方を提案したりもする。

ゲストが山瀬さんだけに伝える貴重な声もある。「帰りがけはリラックスされている方も多く、少しくだけた雰囲気でお話ししてくださいます。

ポジティブな感想をいただくほか、ご指摘やアドバイスを受けることもあります。それらはすぐに現場にフィードバックしていますね」。そんなゲストのレスポンスも含め、山瀬さんが目指すのは、ルールに縛られないパーソナルなサービスの向上だ。

「37F はホテルのなかでも、より洗練されたラグジュアリーな空間。高い期待を持って訪れるお客さまも多いので、その気持ちを裏切らないようにお出迎えします」と話す山瀬さん。赤いソールのハイヒールを履き、裏地がピンクの特注チャイナドレスで優雅にゲストをもてなす。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ