花より高級車 Vol.8

花より高級車 最終話:セレクトショップ社長「アストン君」のやんちゃな生涯

都内を颯爽と走る高級車を横目に、あんな車に乗っているのはどんな奴なんだろう、と思ったことはないだろうか。ポルシェ君Iを皮切りに、これまで都内の高級車オーナー7名のプロファイルを明らかにしてきた。彼らに共通していることは何か?

ハイエンドカー好きな筆者が彼らとドライブデートに行った会話から、彼らの人生観・仕事観・恋愛観を浮き彫りにしていく。「花より高級車」最終話は、アストンマーチン DB9 ヴォランテオーナーに密着する。

セレクトショップ「R&Co.」社長・アストン君(年齢不詳)

「親父は父親としては尊敬しているけど、男としてなりたいとは思えなかった。真面目で子供の為に自己犠牲まで出来るけど、不器用で遊び心が無い。そんな人でした。だから、親父に似てるって言われることが昔からコンプレックスだったんです。」

光沢のある黒々としたアストンマーチンDB9ヴォランテで表参道ヒルズ前に乗り付け、リックオウエンスのWライダースジャケットを羽織り、コンバースのスニーカーで外したファッションは、“西海岸風な力が抜けたラグジュアリー”を意識したコーディネートだそう。年齢は40歳くらいだろうか。左手首にはパテック フィリップの時計が光る。

慶應義塾大学を卒業後、プロゴルファーを目指して単身渡米。留学中に古着やスニーカーの魅力に目覚めたのをきっかけに現地で買付けをし、大阪のアメリカ村や裏原宿の小売店へ卸しの仕事を始めたのが、アストン君が経営するR&Co.(アール&コー)の原点だ。帰国後、地元和歌山県で露天商からスタートし、店舗数を拡大。現在は表参道ヒルズやヴィーナスフォートにまで店舗を展開しており、400近くのブランドを取り扱う大手セレクトショップにまで成長させた敏腕経営者だ。

アストン君をひとことで表すなら、「趣味と遊びをとことん突き詰めた生粋の仕事人」だろうか。東京カレンダーのコンセプトでもある、「忙しい人ほど、遊んでいる」を体現するような人物だ。

「仕事では、面白いか面白くないかが一番大事。『儲かる話ないですかね?』って相談されることもあるけど、儲かる話はどうでもいい話ばかり。僕は何も、儲けようと思ってやってるわけではない。」

18年間経営に従事する中、最初の6年は借金の返済に追われていたと振り返る。完済後、これまで10年近くに渡って無借金経営になるまでモチベーションを保ち続けられたのは、単純に楽しいと思えるものを妥協することなくやってきたからだと言う。

グレていた中学時代。「慶應に入ったら1億円やる」と親に言われて・・・

こうと思ったら周りが見えなくなってしまう程集中してしまうことが自分の強みでもあり、悩みでもあったと言うアストン君だが、それを物語るエピソードがある。

中学3年生まではかなり「悪かった」ようで、両親に苦労をかけたというが、ある時「慶應に入ったら1億円やる」と言われた言葉にやる気のスイッチが入り、猛勉強の末、現役合格。1億円とまでは言わないものの、実際に大学5年間の生活費を稼ぐつもりでやったと言う。「ビリギャルみたいな感じです(笑)」と茶化す。

「親父と俺は違うんだっていう考えもあったし、人と同じであることも嫌だったんですよ。大学を卒業して一般企業に就職することは微塵も考えなかった。だからゴルファーとか、ギタリストとか、ちょっと違うことをしたかったんです。実は、一時期プロゴルファーの通訳の仕事もしてたんですよ。」

―ところでアストン君って、一体何歳なの?肌ツヤもよくて本当エネルギッシュですね・・・

「秘密!まあ、こういう性格もあって、恋愛はなかなか上手くいかないんだけどね。結婚したいよ。(笑)」と声を潜める。

【花より高級車】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ