高垣麗子の美チャージディナー Vol.27

AneCan専属モデルが居心地の良さで選ぶ普段使いの名店3選

高垣 麗子
curated by
高垣 麗子

『AneCan』専属の人気モデルとして活躍中の高垣麗子さん。忙しい合間を縫っては美味しい食事を求めて気になるお店にふらりと立ち寄るとか。

そんな、グルメで知られる高垣さんがお店を選ぶ基準は、居心地の良い場所でリラックスして美味しいものが食べられるとこ。そこで今回は、高垣さんおすすめの居心地抜群な3店を教えていただいた。

畳でゆったりと食事を楽しめる個室

全室個室を擁する老舗すき焼き店
『いし橋』

末広町

明治12年に創業したすき焼きの老舗『いし橋』。高垣麗子さんは、ここにいるだけで“落ち着く”と話す。

「ここは木造建築で、戦後すぐに建てられたお店はとても趣きがあって落ち着きます。私はお肉が大好きなのですが、すき焼きならここが一番! 仲居さんがついて丁寧に焼いてくれるのですが、その焼き加減が絶妙です。仲居さんたちがいるからこそ、上質なお肉がこの味にまで仕上がるんでしょうね。実は、この取材の1週間後にも予約を入れているんですよ」

すき焼きコース¥10,800。秘伝の割り下は創業以来変わらぬ味

肉の直営店でもある『いし橋』の厳選黒毛和牛のお肉と仲居さんたちのおもてなしの心に、すっかり魅了されているご様子の高垣さん。全室個室なので、お店では大人数でわいわいと愉しむ派だという。

「6〜8人で行って霜降りとロースをシェアしながら食べたりします。霜降りといってもまったく重くありません。」

心もからだもぽかぽかに温まった後の〆も高垣さんの楽しみだとか?

「〆は肉と野菜の出汁がしみた割り下の中にごはんを入れて卵でとじて食べるのですが、これもまた絶品です!」

高垣さんが「絶品!」と推す、〆の卵とじごはん

気軽にフレンチが楽しめるのもカウンターならでは。高垣さんもご満悦

お箸も使える話題のくつろぎフレンチ
『ジャン-ジョルジュ 東京』

六本木

トップモデルの仕事は、体力勝負だ。朝4時に起きて夜遅くに撮影を終えることもあるし、暑い寒いも言ってられない。朝が早い前の晩は、夕食を少し軽めにしたりするのでは?

「ないですね、私の場合は(笑)。それよりも、自分が美味しいと思うものを食べて、幸せな気持ちで眠ることが大事です」

そう話す高垣さんは、いい情報を人から聞いては食べに出かける。そんな高垣さんにとってのパワーチャージディナーとは、居心地がいい場所で食事を楽しむこと。

「居心地がいい場所で食事を楽しむことが、私にとって一番リラックスできること。それが自分へのご褒美です。なので、お店の雰囲気はとても重視します。『ジャンジョルジュ トウキョウ』は1年程前に行って、その空間に惚れ込みました」

「エッグキャビア」¥19,800コースの中の1品

美空間なこの店の魅力を高垣さんはこう語る。

「フレンチなのにカウンター席があって、シェフの料理を間近で見られて活気を感じることができます。ここなら、母親も連れてきたいですね。」

その肩肘張らない居心地のよさこそが、より美味しく感じるためのポイントだそうだ。最後に特別な思い出も教えてくれた。

「前にここで私の誕生日のお祝いをしていただき、飴細工によるきれいなバラが登場して感動しました。エッグキャビアは本当に美味しくて、“なくなって欲しくない”と思いながら食べた記憶があります」

【高垣麗子の美チャージディナー】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ