食べログ3.2以下でも間違いなく名店! Vol.11

食べログ3.2以下でもヘビーユースしちゃうほっこり美食店3選

食べログで「3.2以下」だと、なんだか残念……などと思うなかれ! 東京カレンダー編集部が太鼓判を押す良店も、ちゃんとあるのだから。

今回は気軽に入れて、なおかつ美味しいお店をご紹介しよう!

常連さんのほとんどがオーダーするという山形牛A4ランクのイチボ肉のステーキ

近所に欲しい和と洋のハイブリッド店『wasabi』

食べログ3.19(2016年1月時点)

今回オススメしたいのは、代々木上原駅徒歩1 分のところにある和食『wasabi』。点数が低いのは口コミ件数が少ないからではないだろうか。

きっと足を運ぶ人が他の人には教えたくないくらい、自分だけの大事な店にしておきたい店なのだろう。

ぜひ食べてほしいひと品は「焼き胡麻豆腐」。黒胡麻と葛を練り込んだ豆腐はもっちりと濃厚。 オーブンでぱりっと焼き上げた表面に白胡麻のソースが絡み奥行きのある一皿だ。

ほかにも、季節のてんぷらや、12 種の有機野菜の温サラダなど、そのときの旬の素材の味を引き出したシンプルながら唸らせる一品料理が並ぶ。

最大のポイントは、本格的な和食だけではなく、パスタやリゾットなどの洋食も用意しているところ。「和洋を合わせることはせず、あえて独立させて提供している」とシェフ。

自分で足を運んで、ぜひ味わってみてほしい。こんな店を知らないでいるなんて、もったいない。

胡麻の濃厚なコクがやみつきになる「焼胡麻豆腐」は必食の一皿

こぢんまりとした木目調の店内は、連日深夜まで賑わう

右から、さえずり¥230、皮¥270、白子¥350、モモ¥280。器も会津の工芸品

一度食べたらヤミツキに?会津地鶏の専門店
『やき鳥 歩ム』

食べログ3.15(2016年1月時点)

こちらは焼き鳥の激戦区・五反田にある2013年オープンの店。焼き鳥のように気軽なメニューについては口コミする方もつい持論を展開したくなるのかもしれない。

400年以上前から会津地方で飼育されている固有種、会津地鶏。日本唯一の専門店であるこちらでは、羽数の少ないこの地鶏を贅沢にも丸ごと仕入れて提供する。

通常朝締めがよいとされる中、内臓以外の部位はあえて24時間寝かせてから調理。肉が適度に締まり、味わいが増すという。

温度、衛生管理を完璧にこなすことで仕上がる極上肉なのだ。火入れはとにかく時間をかけ、低温でじっくりと。

濃厚なコクが凝縮された皮には、鶏自体の質が如実に表れる。福島の固有種・会津地鶏を、あえて24時間寝かせてから調理。より締まった肉質と味わいが、鮮烈な第一印象に繋がる

「一瞬たりともほっておけない」という職人泣かせな肉だが、泣かせるのは職人だけにあらず。

“ひと味惚れ”したと店主が語るように、華やかでいて繊細な脂の香りが鼻腔にえもいわれぬ余韻を残し、人々を感動させる。

だまされたと思って一度足を運んでみてほしい。一度食べたが最後、再会が恋しくなる味だから。

【食べログ3.2以下でも間違いなく名店!】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ