香港ガールの野望 Vol.5

「極上男との結婚」の先に見据える、香港ガールが抱く東京での真の野望

前回のあらすじ

東京女子・マリと扮した香港人マギーは、理想の男性・裕二が謎の和美人と歩く姿を目撃する。話しかけようと試みるが、あと一歩というところで香港人学生・アランに声をかけられ中断。「外国人であるがために失恋した」とこぼすアランに、マギーは「欲しい物を手に入れるためならば、身分を偽ることなんて痛くも痒くもない」と言い放ったのだった。

前回:香港ガールの野望 Vol.4:極上男とのキスよりも甘く痺れるものとは…?

Korkusung / Shutterstock.com

―まるで、マリーアントワネットの黄金の鏡のよう…

午後4時20分。『ジョーズシャンハイ銀座店』を後にしたマギーは、銀座三越の7階・リビング&アートフロアにて、きらきらと輝く金色の化粧鏡をうっとりと眺めていた。

中国人にとって、「金(色)」は「金(富)」を呼び込む魔法の色。その......


【香港ガールの野望】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo