今年の肉納めにご覧ください!都内『1kg超え』メガステーキ絶品7選

今年も1年、いろんなお肉がありました。アメリカンを筆頭にイタリアン・フレンチ、勿論ジャパニーズまで、部位や品種、焼き方に至るまで…東京の塊肉界のスタイルは様々で正に百花繚乱。

LボーンにTボーン、ローストビーフからイチボまで…塊肉が大好きな貴方のために1kg超えのメガサイズ集めました!!

肉好きメンツに今すぐメッセージ!皆を召集して五臓六腑、心ゆくまで満たされてください。

「北海道北十勝ファームの短角牛骨付きLボーンステーキ」。写真は1.3kg。月末~月初めが狙い目だ

熟成肉のパイオニアが魅せる月1のお楽しみメガLボーン『カルネヤサノマンズ』

六本木

西麻布の『カルネヤサノマンズ』は2007年に神楽坂でオープンした予約の取れない肉イタリアン『カルネヤ』のオーナー・高山氏と静岡で1914年に創業した熟成肉の卸問屋『さの萬』がタッグを組んだレストラン。この情報だけでも肉好きの期待は高なるだろう。

店に入ってまず目を奪われるのは、身の丈以上もある大きな熟成庫。その中で塊のままオブジェの如く陳列されているのは全て稀少な『さの萬』謹製の熟成肉。見ただけでこれから食べる楽しみと高揚感が押し寄せる。

北海道北十勝ファームの「短角牛骨付きLボーンステーキ」は熟成させること40日間。ふくよかな甘味にナッツのような芳醇な薫り、ややねっとりとした熟成肉特有の食感と共に、噛むほどに肉の繊維から旨味のエキスが滲み出てくるようだ。

熟成肉に目がない人は1度は食べる価値あり。月に1度、わずか20kg(12本分)しか入らぬレアもの故、まずは店に確認&予約をしてから出かけよう。

前日から仕込む名物料理「1kgの塊ローストビーフ」は予約が必要

人気のカジュアル肉バルで食すニクいローストビーフ『ブッチャ―ブラザーズ』

神田

“肉とワイン”をテーマに2013年にオープンした『ブッチャーブラザーズ』は人気バル『東京ブッチャーズ』の兄弟店。

名物メニュー「塊ローストビーフ」は塩と胡椒を丹念に揉み込んだアメリカ産の牛肩ロース1kgを1日寝かしたのち、低温のオーブンでじっくりと焼き上げる。

焼き上がったローストビーフを塊のままゲストの元へ運び、スタッフがリクエスト通りの厚さにカットする。なんともダイナミックなサーヴも楽しみの1つだ。

アメリカ産ならではの肉々しい深い味わいとワイルドな噛み応えは、たっぷり食べてもどこかすっきり爽やかで重たく感じることは無い。

また、塊肉のグリルメニューのほとんどは炭火によって焼き上げるというのもこの店の大きな魅力だ。メニューは「魚介系一切無し」という徹底ぶりも頼もしい。

明るく賑やかでカジュアルな雰囲気の中、気軽にステーキを食べられるとあって常連客や外国人からも人気も高い。カウンターに座ってスタッフが肉を焼く様子を見るのも良いだろう。

「国産牛のコート ド ブッフ」。1kg¥25,000

ホテルで頂く柔らか国産牛骨付きリブアイステーキ『メトロポリタングリル』

西新宿

2014年10月に全面改装した「ヒルトン東京」。中でも「肉ダイニング」として注目を集める話題のスポットが「メトロポリタングリル」。

一際目を引くメニューこそ、骨付きリブアイステーキ「コート ド ブッフ」だ。

外国産から国産まで多種多様に取り揃える中、「コート ド ブッフ」に最も適した肉として総料理長のフィリップ氏が選んだ牛は鹿児島(もしくは北海道)産の交雑牛だ。

サシが少なく赤身なのに柔らかい、鹿児島産交雑牛ならではの旨味や風味、薫りを活かして火力の強い備長炭と桜の薪独特の薫り、この2つを巧みに取り入れながら火加減を調節。そのままでも充分に美味しいから熟成はせずに敢えてそのまま特注の大型グリルでじっくりと焼き上げる。

芳ばしく仕上がった1kgの塊肉はカリッとした外側の食感に対し、中のしっとりときめ細やかな肉質が絶妙なバランス。さっぱりした味わいの中にも滋味深さがあり最後まで飽きずに食べられる。

肉の迫力はもちろん、ゲストの目の前でおこなう「カービングサービス」も盛り上がること請け合いだ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ