華麗なる独身生活 Vol.2

32歳エクゼクティブの激白。あなたは、社長から0点と言われたことがありますか?


29歳の時に当時最年少でインターネット総合企業サイバーエージェントの取締役に抜擢された山内隆裕氏。グループ会社CyberZの代表取締役も務める。若くしてビジネスで成功した彼の仕事や、恋愛、オフの過ごし方とは?

前回:32歳。エクゼクティブの恋愛と経営哲学「我々を恋愛から救うものは、多忙である。」

社長からの「0点」評価に愕然と。


—山内さんの挫折経験について前回お話し伺いましたが、ここ最近で一番辛かったことは何でしょう?—

きつい試練はたくさんありますが、最近だと、役員になってから評価されなかったことが一番堪えました。

2012年にサイバーエージェント役員に就任し、自分なりには、がむしゃらにやってきたつもりでした。それなりにいい業績を出せていたし、会社に貢献できている自信も少なからずあったんです。だけど、藤田の本音を聞きたいと思って、役員就任から1年後、社長の藤田に「僕今何点ですか?」と聞く機会をもらったんです。

—社長に点数をつけてくれと。どうでしたか?—

正直「70点くらいかな」と思っていたんです。けれど、藤田の答えは「ファーラウェイ」(笑)
愕然としましたよ。30分くらい時間もらったのに、唖然として、返す言葉が出てこず5分もしないで面談は終了。点数も付けてもらえませんでした。

そのときは衝撃でしたね(笑)でも、まだ就任半年、悔しいから、次の半年もしゃかりきに頑張りました。そして、半年後、もう一度聞きました。「僕何点ですか?」と。

—点数はもちろん、上がってたんですよね・・・?—

藤田の答えは、またしても「0点」でした。取締役には不適合ってことなのだろうかとも本気で思いました。自信喪失、茫然自失ですよ。

さすがに心も折れかけました。

だけど、役員として責任を果たしたい、という気持ちが強かったんですよね。意識が高いから、とか、モチベーションが高いから、とかそういうのではありません。後戻りするより役員として、必ず会社に貢献したいと思い自分で自分のことをかなり追い込みました。

欠如を埋めるための努力が才能なんだ。


僕は、祖父母に育てられたので、根底に虚無感を抱えていたんでしょうね。圧倒的な自分の存在価値を見出せなくて、居場所がなんとなくない心許無さというか。「天性や運で与えられるものではなく、欠如を埋めるための努力が才能なんだ」と話してくれた先輩がいたのですが、当時は僕はその虚無感を埋めたいから頑張れたんだと思います。

そこからは、求められている役割を徹底的に考えました。そこで、藤田がサイバーエージェント取締役である自分に求めているものは、部門の責任者という視点ではなく、組織全体の経営課題に向き合い、会社の未来を考えるということをなんだということに気づいたんです。そこからは、自分の分野だけじゃなく、全体を見通し、自分なりに意見や打開策もちゃんと考えるようになりました。求められる色んな価値観を受容し、器を広げていくことを教えられましたね。

あえて言いにくい点数を付けて役員として成長する機会を与えてくれた藤田には、本当に感謝しています。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ