華麗なる独身生活 Vol.1

32歳。エクゼクティブの恋愛と経営哲学「我々を恋愛から救うものは、多忙である。」

結婚、離婚、別居婚、同性婚など、価値観が多様化し、複雑化するライフスタイルにおいて、もはや、結婚は正義ではない。今回素敵な独身男性に出会ったことでスタートしたこの連載。東京で生活している、30代独身男性の、仕事に対する価値観や、恋愛Tipsを聞いていきます。

就職する気がなかった21歳の立教大学生が、29歳で役員に抜擢されるまで。


第一回目は、29歳の時に当時最年少でインターネット総合企業サイバーエージェントの取締役に抜擢された山内隆裕氏。グループ会社CyberZの代表取締役も務める。若くしてビジネスで成功した彼の内面を探るべくインタビュー。


—今日はよろしくお願いします。—

普段このような取材を受けないので緊張しておりますが、どうぞよろしくお願いいたします。

ー早速ですが、29歳で役員ってすごいですね。元からそんなに意識高かったのですか?—

いえ。全く。私は、立教大学で、バスケのフリースタイルをやっていたんですが、もともと就職せずにショーバスケの世界で戦おうと思っていました。当時は都内のクラブでパフォーマンスしたり、音楽番組に出演したりしていました。スポンサーもついていたので、好きなことしながら月10万円くらい稼げてればいいやと思っていて。周りが、就職活動しだしたときも、特に焦りはありませんでした。

—ショーバスケで生計を立てるって可能なんですか?—

どうでしょうねぇ・・・収入は月10万円程度。でも、好きなことをしながらお金もらえるなんて最高なのでは。単純にそう思っていました。たまたま、大学の就職説明会で、サイバーエージェント社長の藤田が来ると耳にして、話を聞きに行ったのですが、そこで人生の方向が180度変わりました。そこからは、怒涛の日々ですよね。

来月キャッシュアウト?!コーヒーを落として怒鳴った過去。


—一番大変だったことはなんですか?—

入社して3年で、子会社CyberZの社長を任されたのですが、設立後2年目の年末、このままでは翌1月に倒産することが発覚したときですね。社員も少しずつ増えていたところでしたが、キャッシュフローが回らなくなったことに気づき目の前が真っ暗になりました。

責任ある仕事を任せてくれた会社と、信頼してくれる社員に申し訳なくて。仕事終わりの12月27日から1月3日までの8日間、誰とも口をきかず、家族や友人からの連絡を絶って、一人で閉じこもって悩み考え抜きました。


—当時27歳で、その経験はさぞかし辛いですね。—

年初めの1月4日。意を決して会社に行きました。考え抜いた末、いつしか守りに入っていた自分に気づき、初心に戻りベンチャーらしく勝負してみようと気持ちを切り替えたんです。その気持ちを、当時、取締役を任せていた社員に打ち明けようと朝早くから待っていたのですが・・・

待てどくらせどやってこない。始業前いつも通りに出社してきた彼に意見を聞こうと思って「何か考えてきた?」と聞いたら、「何のことですか?」と。

思わず、コーヒーを落としました(笑)

近未来的な会社エントランスにて。"コーヒー事件”は、今では知らない社員はいないという。


私が苦しくてひとりきりで悩んでいたとき、同じ悩みを共有できる唯一の相手だと期待していた分、かっとなってしまったんです。

当時は、危機意識が圧倒的になかったのかもしれません。けど、そもそも、彼は26歳。会社を自分が背負っているという自覚なんてなかったんです。彼に責任はありません。

そういうことを踏まえて、僕も彼も意識を再度入れ替え、腹をくくることができたので、いい経験です。それからは、彼も意識が変わって、今ではすっかり頼り甲斐のある右腕になってくれましたね。

【華麗なる独身生活】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ