2015年のグルメ界を席巻した「カウンター中華」を一挙総ざらい!

  • 原 勇太シェフの機敏な調理風景が臨めるシェフズテーブルが特徴。

  • 手のひらサイズの小さな角煮丼には、奄美大島の" あかりんとん" 使用。土鍋でふっくらと炊き上げたごはんを、コースの初めに供するのは茶懐石にちなんで。

  • 客の反応がダイレクトに伝わるカウンタースタイル。

  • こちらが山野辺 仁シェフ。新鋭の若手シェフが“魅せる中華”で独立した。

  • カップに入った上海蟹のビスクは、なめらかな口当たりで凝縮された濃厚な味わい。器に見立てた甲羅には、オセトラキャビアをのせた上海蟹のサラダを。

  • 食材から空間までオリジナリティを明確に発揮している店だ。

  • 潔いコンセプトを掲げ新たな地に移転リニューアル。こちらが西岡英俊シェフ。

  • すっぽんを主役に、肉厚の干し冬菇椎茸、聖護院蕪、栗など季節の食材を合わせている。ゴロッと大ぶりで食べ応えも充分。熱々のあんをジュワッとかけて。

  • シェフズテーブルのカウンターで、板前割烹の要素もある。

  • 岐阜の名店が東京に進出早くも予約困難な人気店に。こちらは古田 等シェフ。

  • れんげにのったチリソースと黄ニラ炒めのふたつの味を同時に味わえる、活き伊勢海老 2種の炒め物は、中国料理コース極¥25,000からの一例。コースは、¥15,000~¥25,000で、すっぽんに特化したコースも。

  • 少人数の貸し切りも応相談。

  • こちらが小野純生シェフ。

  • シェフのスペシャリテのひとつである黒酢の酢豚は、まろやかな酸味が特徴。初夏はフルーツトマト、冬季は牡蠣など、季節の食材を合わせて仕上げている。コースは¥4,536と¥6,696の2種類。ほかにアラカルトも展開

  • 店内は6席のカウンターとテーブル席で構成されている。

  • 『中華 うずまさ』で7年にわたりシェフを務めた松下和昌氏。

  • 中華ハムのあんの下には、立派な活アワビが鎮座。なめらかな口当たりの茶碗蒸しが詰まっている。おまかせコース¥6,480の内容は日替わりで、美しく盛られた前菜からデザートまで全8皿前後。21時以降は、アラカルトも提供する。

  • こちらが原 勇太シェフ。

もどる
すすむ

1/22

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo