金曜美女劇場 Vol.11

美しすぎる39歳・和子の悩み……“それ以上の関係”に発展しないワケは?

美女と待ち合わせ。これ以上に心躍ることはない。訪れたのは、デザイナーズダイニング『NOS-EBISU』。恵比寿銀座を抜け、交差点を渡った場所。その地下で、とある美女の到着を待った。スタンディングバーなど3フロアからなる店内は、外国人や高感度な音楽好きで毎夜賑わっている。今夜はその喧噪から距離を置けるプライベートルームに陣取り、ミッドセンチュリーのソファにもたれて彼女を待った。

ツルツル&ヌルヌルのワタシで癒やされてほしい♡
岩本和子

約束の時間を少し過ぎて部屋に入ってきた彼女は、白い肌を桃色に上気させながら、「遅れてごめんなさい。はじめまして、岩本和子です」と丁寧に頭を下げる。

前情報はある程度仕入れてあった。彼女は「美しすぎる39歳」というコピーで今年7月にイメージDVDを上梓すると、オリコンデイリーDVDランキングで堂々の1位を獲得。来年1月には第2弾DVDのリリースも控え、ブレイク秒読みとして注目を集めるセクシータレントなのだ。

まずは泡で乾杯。会話のきっかけにと、遅咲きデビューのワケを聞いてみる。

「タレントのお仕事を始めたのは36歳の時。“オトナの色気”が出始めてからなんです。それまではごく一般的なOLで女を捨てていたし、男の人と夜の街を出歩くこともほとんどありませんでした。だからいろんな世界を教えてほしいんです。そっちのほうは子どもなので……」

身の上話から急転直下。いつの間にか身体を密着させ、こぼれ落ちそうな唇を目の前で開く彼女は、まさにエロスの権化。

あらぬ妄想が駆け巡るが、外見からは想像し難い「お子さまなんです」というカミングアウトに、「こんな美女を男が放っておくわけがないだろう! ハニートラップじゃないか!?」と防衛本能が働く。それを察してか、彼女はこう言葉を継いだ。

「いつも特典付きで“NOW ON SALE”してはいるんです。でも、ご飯をご一緒してくれることはあっても、そのあとが続かなくて……」

意外すぎる悩み。聞けば、気になる男性と一度や二度はデートしても、“それ以上のカンケイ”に発展することがないのだとか。でもそれって、和子さんの理想が高すぎるからでは?

【金曜美女劇場】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ