淑女に美肌、紳士に活力!これがほんものの贅沢麺6選

とびきりの素材を、いじくり回さない。そんな美味に出合ったとき、贅沢を感じないだろうか。
気持ちが沈んだり、少し疲れた、そんな日は、からだが感覚的に捉える喜びを、“麺”で。
いいものはウマい、が実感できる自然派志向の贅沢麺はこちら。

ふかひれ姿煮コラーゲンそば

迫力のフカヒレにコラーゲンたっぷりスープ
『食文化サロン白金劉安』の"ふかひれ姿煮コラーゲンそば"

オイスター風味のさらりとした餡の中から麺を探り出すと、絡みつくのは大量の美のエキス、コラーゲン。迫力のあるフカヒレの姿煮に加え、細かく刻まれた7種計100gほど。一皿で、これだけの多種多量のコラーゲンを使用する料理は、なかなかお目にかかれない。

嬉しいのは女子だけに非ず。コラーゲンは骨や腱を頑丈にする素でもあるわけだから、運動不足の猛烈ビジネスマンの健康にも一役買ってくれるというわけ。

野菜そば

理屈抜きに体が喜ぶまじめな素材
『中国料理 頂好』の"野菜そば"

緑が丘に移転したのが2010年。祐天寺、自由が丘時代から20余年来のお客の足は遠のかない。なぜ。一度より二度、そしてもっとと、体が「頂好」の味を受け入れていくからだ。店主岡田陽三氏の食材選びは徹底している。

野菜は、農薬に留まらず、有機肥料すら使わない自然栽培のものや、麺は有機の南部地粉を、自然卵と天然のかん水で練り上げたもの、といった具合。厨房をのぞけば、これで中華?と疑うほど調味料の種類はごくわずか。そこまでこだわらなくても、という人もいるかもしれない。でも、これが「頂好」。菌床栽培のきのこをはじめ、10種の野菜の味がにじむそばで体感してほしい。

パクソースのパスタ

笑っちゃうほどのパクチー爆弾
『パクチーハウス東京』の”パクソースのパスタ”

パンチはあるが、あくまで脇役だったパクチーが、ここでは1日5㎏、すべての料理にどっさりと使われ主役になった。自然とパクチーラバーが集まり、2007年のオープンから今でも連日満席。

今回のメニューは、ジェノベーゼのパクチー版。鮮やかな苦味が広がり、「あ~ん、パクチ~」とつい笑ってしまう。デトックス効果が高い食材ではあるが、栄養分だけの話じゃない。ここでの食事は笑った時間になるから、だから、イヤなことを忘れられるし、元気も出る。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ