数量限定!渋谷で人生最高のマカロンに出合えることを約束します

curated by
守屋 美佳

渋谷の『ナノ・ユニバース ジ オークフロアー』では、9月19日(土)から10月4日(日)までパティスリー『es koyama』とのコラボレーション アフタヌーンティ セットを数量限定で提供予定! ということで、一歩先に味見させていただきました。このマカロン、 フランスの最も権威のあるショコラ愛好会「C.C.C.」のコンクールでは、2011~2014年にかけて4年連続最高位を獲得した小山シェフによるもの。

「食べる前の写真、撮っとかなきゃ~」というビジネスライクな写真がこちら。しかしですね、1周食べたあとにはもう全然違う写真を撮っていたのです。

それがこちら。食べる前の10分の1扱いが、写真1枚に1個ドカーン! 掲載に昇格です。ケーキのような見ための派手さがない分、味が人生最高レベルだった時に受ける衝撃は破格。こんな写真も撮りたくなってしまいます。

マカロンは このラムレーズン味とほうじ玄米茶味、2種類の提供。ほうじ玄米茶味だって美味しかったのですが、ラムレーズン味は私のマカロン体験においての記録を更新したんです。パリで食べた(パリだったけ?)、『ホニャララ(思いだせない)』というパティスリーのマカロンの自己最高に美味しい記録を塗り替えてくれました。

そして横からのアングル。マカロンもこんな撮られ方をするとは思ってもなかったことでしょう。サクサクしっとり食感を想像していただけに、中のレーズンにふいをつかれました。

ラム、レーズン、ホワイトチョコレート、そして生地、全てダイレクトに味が伝わってくるのに、それぞれの味を引き立て合います。お上品にフォークとナイフがテーブルにあるけど、これは絶対に一口でいかないともったいない!

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ