これぞ六本木仕様!超深夜でもガッツリ飯がイケる名店6選

さっと焼くだけでOK、のハネシタすき焼きは焼き肉のたれに漬けてあり、焼いたらだし卵につけて食する。希少部位であるイチボには、ワイン塩とバジルバターを添えて

『龍叶苑』
L.O.28:30(月曜~土曜)

深夜、六本木……というキーワードから思い浮かぶのは「焼肉」という人も多いのではないか。数ある焼肉店の中でも、肉のクオリティと創意工夫に定評があるのがこちら。

黒毛和牛の希少部位を取りそろえるのみならず、それぞれの部位の特性を見極めた切り方や、味付け・食べ方の提案には眼を見張るものが。

例えばイチボにはワイン塩&バジルバターを、ほかフィレには白トリュフ塩、トモサンカクにはワサビ&塩昆布etc.、深夜であっても空腹を満たす+αの楽しさがある。〆のごはん類や麺類も豊富だ。

夏の人気商品、冷やしクッパ(ハーフ)。〆にこれだけを、という人もいるとか

店を訪れた有名人やアスリートのサインが壁一面に。人気の程を物語る

「平田牧場」の金華豚に濃厚な黒酢あんをたっぷりと纏わせた上海名物黒酢の酢豚

『中国飯店 六本木店』
L.O.27:00(月曜~土曜)

1973年にオープンした、六本木の移り変わりを見つめ続けてきた老舗中国料理店だ。深夜営業はオープン当初から。

常連客の間での認知度が高いのはもちろん、数ある系列店の中でも夜遅くにやっているのはここだけなので、『中國飯店』ならではの味を求めてやってくるゲストが多いという。

特に得意とするのは、上海料理の特徴とされる醤油系の煮込み料理。「五目つゆそば」の具材もそのひとつだ。また酢豚には、六本木店だけが希少な金華豚を使用。完成されたレシピをさらに高めるたゆまぬ研鑽がそこにはある。

海老、イカ、豚肉、青梗菜、たけのこetc.、たっぷりの具がうれしい五目つゆそば

1Fのメインルームは、テーブルやベンチシートなどが

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo