『エクアトゥール』を始めとする、知っていたら絶対自慢できる魅惑の“限定”レストラン4選

「1日数組限定」あるいは「完全予約制」、「シェフズ・テーブル」と聞くといかにもハードルが高そうですが、ご安心を。 知っているとちょっと自慢できそうな“限定”付きのダイニングをご紹介します。

他室同様、ごく普通のマンションの一室に見えて、実は……

密やかにかつ肩肘はらず
『エクアトゥール』

麻布十番

【予約はメール限定】
店はマンションの1室。エレベータを上がれば、ごく普通のドアが。到着するとマダムかつオーナーである川島弘子さんが、丁寧に入室を促してくれる。

シェフ・小野慶之氏は青山『ラ・マージュ』でシェフを任された後、渡仏。パリ・リヨン駅そばの『オ・ルベル』で2年間、シェフを務め、彼の地で高い評価を得た。驚くほど繊細かつ丁寧に必要な作業と味を重ねた料理が、その手から生み出される。

「他店の取締役に就任する直前だった彼を、“現場を離れないで!”と引き留めたんです」と川島さん。それほど彼の味に惚れ込んだ彼女と、小野氏の、たった2人がお客をもてなす。

同店の予約はメールのみで受け付ける。それはなぜか。シェフとマダムのふたりで営むため「今できるベストを提供したい」が故の最善の策。電話より確実にコンタクトでき、店側からのリコンファームもしやすく、苦手な食材や履歴も検索しやすい分、きめ細かなサービスが担保される。

シェフが集中して向かう料理は食材の組み合わせも緻密かつ繊細で、的確なキュイッソン(火入れ)、多様なソースでひと皿ごとに食べ手を惹きつける。マダムもまたプロ然としない距離感のいいサービスで心をほぐす。数カ月待ちも仕方なし、だ。

仔羊背肉の網焼き。仔羊のだし、バジルペースト、自家製ドライトマトなどで誂えたソースを添えて。料理はコースの一例

殻付きオマール海老のロースト、緑と白のアスパラガスのソテー。コブミカンを漬けた自家製オイルを加えたブイヤベースソースは、爽やかで忘れがたい味わい。料理はコースの一例

季節の海の幸の贈り物、グリーンピースソース。春の訪れを告げる前菜には、軽く火を入れたあわびやサーモンなどが並ぶ。料理はコースの一例

ストックは多くないが、厳選したワインを揃える

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ