肉の新時代幕開け!? 新聖地・神田の個性派店6選

前日から仕込む名物料理、1キロの塊ローストビーフは予約が必要

提供スタイルに表れた塊肉への強いこだわり
『ブッチャー ブラザーズ』

神田

塩とコショウを丹念に揉み込んだアメリカ産の牛肩ロース1キロを一日寝かしたのち、低温のオーブンでじっくりと焼き上げる。そして、そのままの塊をゲストの元へ運び、スタッフがリクエスト通りの厚さにカットする。

この『ブッチャーブラザーズ』の名物メニューである、塊ローストビーフは、ダイナミズムが美学。

「塊肉とはこういうものだ! ということを知っていただきたいんです。まず存在感を味わっていただき、それから肉を噛み締める醍醐味を感じていただきたい」。

スモークしてから炭火で仕上げるラムチョップ

キッチンを取り仕切るチーフブッチャーは、塊肉への思いをそう語る。

“肉とワイン”をテーマにし、個性的な料理のラインアップで大人気のお店だ。

牛ランプ肉や牛ハラミ肉など塊肉のグリルメニューのほとんどは、炭火によって仕上げられる。塊肉と並ぶこの店の大きな魅力のひとつだ

内観

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo