贅を極めた都内プレミアムかき氷8選

燕の巣と羽衣かき氷をまとった烏龍茶のブリュレ塩トリュフカラメルソース¥2,160(税込サ別)。一度は食べてみたいラグジュアリーな“ウルトラ”ハイブリッドスイーツだ

中華テイスト満載のハイブリッドな一皿『チャイナルーム』

中華ディナーの〆には中華ならではのかき氷を。

カリッカリの烏龍茶のブリュレの上に鎮座するのは、メニュー名の通り羽衣のような口当たりのマンゴーかき氷と天然の燕の巣。

紹興酒を煮詰めた温かな塩カラメルソースをかければ、華やかなトリュフの香りが立ち上る。アルコールはとんでいるが、うっとり酔ってしまいそう。

左.ヤサイトロピカル¥1,944、右.キャヴィア¥5,400(ともに税込サ別)。食べている途中でかき氷にシャンパンを注いでいただくことができるので、一杯で二度美味しい!

極上素材を4層にした涼菓に好相性のシャンパンをプラス『ザ・ダイニング ルーム』

好立地でありながら隠れ家的な『ストリングスホテル東京インターコンチネンタル』のシグネチャースイーツ。

バージョンアップした「キャヴィア」は、ヴァローナチョコレートやエスプレッソの濃厚なほろ苦い甘さとキャヴィアの塩気が絶妙。

そこに、モデナ産熟成バルサミコ酢とキャラメルのシロップを注いでいただく、まさに大人のためのかき氷。

その後、お好みでかき氷にシャンパンを注ぐサービスも。日中はお茶と小菓子がセットに付くが、17時30分以降はグラスシャンパンに替わる。

アスパラやビーツなど使った「ヤサイトロピカル」は今季の新作!

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、記事配信時点でのものです。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo