代々木上原『すし久遠』がプロデュース!お忍びデート向けの和食屋がオープン

curated by
守屋 美佳

皆様こんばんは(7月21日発売、東京カレンダーの締め切りが先ほど終了しました)。「知られざる東京ヒップレストランへの旅」がテーマの次号で、東京の住宅街にフォーカスした企画を担当した守屋です。

ということで先月はずっと住宅街を歩き回り、どうも好きになってしまったエリアが代々木上原。歩けば歩くほどイタリアンからパン屋さんから餃子専門店まで……気になるお店を次々発見してしまったのです。

はじめにいただいた、かきあげ。プリプリの海老の食感が忘れられません

中でもあの『すし久遠』が初めてプロデュースする和食の『一楓』(いちか)は注目の一店かと!

代々木上原駅から徒歩5分。駅近ではありますが、土地柄少し歩けば周囲は個人宅だらけです。そんな中で暖簾を構え、7月14日にオープンを予定しているのが当店。

「住宅街の」「流行る前の」、そして「絶対的な後ろ盾」、グルマンには刺さるキーワードだらけです。わざわざ足を運んで行くならば、そのコースを楽しんでもらいたい!アラカルトもありますが、店主の岩崎さんにお任せするコースが楽しいと思うのです。

コースなら、それこそお寿司屋さんのおまかせのように、一品一品をちょうどいいタイミングに出してくれます。だから全ての品が記憶に残っています。特に揚げ物が本当に、ほんとうに美味で、私のカメラロールは揚げもの写真だらけになっていました。

たとえば、とうもろこしのかきあげ。時期的にもぴったり、外のさっくりと、甘い粒が同時にはじける感覚はプロならではのものでしょう。

グルメな皆様にとって美味しいことは当たり前。ちょっとお店の場所がわかりにくい、など楽しい“+a”はお店選びに大切な要素になるはず。「とりあえず肉食べさせたら喜ぶ、とか思ってんじゃないわよ!」なんて言う和食好きお姉さんとのお忍びデートに、最適です。

お刺身の仕入元は『すし久遠』と同じ。言うまでもなく新鮮で美味!酒菜コース¥5,500、一楓 お任せコース¥8250

器も美しいものばかりが並ぶ。この器で楽しめる日本酒を頼んだ先輩は、もう止まらなくなっていました


東カレアプリダウンロードはこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ