資生堂ビルに銀座で星空を楽しめるスポットが誕生!

カウンター席から見上げた夜空。高さ6 mの天井のさらに上にある開閉式の天窓から夜風が流れ込み、赤いオブジェが幻想的な光や影を生み出す

銀座8丁目角、いま一番銀座でHOTなバーが誕生した。それは銀座の資生堂ビル11Fの最上階にある『Bar S』である。

このバーの特等席は、中央のカウンター席だ。屋内なのに心地よい夜風が吹き込み、ふと頭上に目をやれば、約4m×4mの天窓。そこから銀座の夜空が眺められるわけで、ある意味、テラス席といえるのも面白いではないか。

そんな話題性もさることながら、ここには女性が口説ける(or 思わず笑ってしまう)仕込みネタがあるのでご紹介。

パッションフルーツとフレッシュライムを爽やかに効かせたウォッカベースの一杯。オリジナルカクテル「S」¥1,600

意中の彼女とのデートで頭を悩ますのが、二軒目への誘い文句。「美味しいフルーツを使ったカクテルが飲める店があるよ」だとか「会員制のバーがあってね、僕、会員なんだ」とか。ただどれもこれも、いまひとつオリジナリティに欠けるのも事実。

ならば、「銀座のバーで星を見ない?」はいかがでしょう?かなりロマンティックなセリフで女性受けはよいのですが、「また適当なこと言っちゃって」と女性から“ホラ吹き”扱いされてしまう…、でも、それは織り込み済み。

まずはバーテンダーにオリジナルカクテル「S」カクテルをオーダー。そのグラスを目の前に、彼女の目は星のように輝くのです!

なぜならば、そのカクテルは仕上げに星(金箔ね♥)が一振りされているから。まさに、星空をイメージさせるカクテルに彼女はうっとり。男は有言実行、男に二言はない。

ウィットにとんだデートの流れが、あなたをさらに洒脱に輝かせますよ!

バーカウンター裏手の隠れた場所にある席

小坂竜氏による上品さと艶やかさを併せ持つデザインが印象的。17:00~20:00には「GINZA HAPPY HOUR」を開催

ドリンク800円(税込)~、フード800円(税込)~と、銀座のバーには破格の安さ! カバーチャージ:20:00時以降 1人 1,000円(税込)だが、こちらのエクスクルーシブなラウンジエリアは終日1,000円(税込・ビル内レストラン利用後の場合は、チャージ料金なし)。接待利用も可、という八面六臂なバーなのである


東カレアプリダウンロードはこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ