すべてのレバ刺し好きに捧ぐ、渋谷の絶品!鳥レバ刺し

curated by
日紫喜 康一郎

見よ!このプリッとしたレバ刺しを!すだちをちょっと絞って、パクリ、うーーーん、濃厚!

牛のレバ刺しが食べられなくなって久しいが、今年の5月末で、豚のレバ刺しも食べられなくなった。。。もちろん、色々な問題があるだろうから、ここでポリティカルな発言は避けるが、やっぱりレバ刺しが食べたい。

ならば、鳥のレバ刺し。とはいえ、鳥の刺身は足が速いという。信頼のおけるお店でしか食べたくないのが本音だろう。そこで、オススメしたいのが、渋谷の老舗焼鳥店『森本』だ。

新鮮で臭みがまったくない。レバ刺しというと胡麻油で食べるお店が多いが、こちらはスダチを絞って、小口ネギと醤油で。濃厚な旨みが口中に広がる。これぞ、レバ刺しの醍醐味だろう。

レバ刺しに続き、こちらの鳥刺しを。スダチを絞り、わさび醤油で。ハイボールがこれで3杯はイケる!

『森本』の立地は決して良いとはいえない。渋谷マークシティ下の猥雑なエリアにある。ただ、ここだけは異彩を放っている。店内は清潔、店員も丁寧で感じがいい。これこそ、良い店の証だろう。

この鳥刺しも¥715とリーズナブルながら、味は一流。レバ刺し同様に臭みはなく、酒にあう!

この他に、ゴンボ(ボンジリ)や、焼鳥屋には珍しい?真鴨もぺロリ。ちなみに、スズメもあるのだとか。

こちらは東京軍鶏¥400。噛みごたえがあり、すこぶるジューシー!

レバ刺しと同様に必ず食べたいのが、東京軍鶏。江戸時代の名物料理「軍鶏鍋」でもおなじみの食材で、肉は引き締まり、脂肪分は少なくさっぱりとした味わい。一串の値段は突出して高いのだがこれは必食。焼鳥の概念すら変わる味わいだ!

今、巷にはお洒落な焼鳥屋が増えている気がする。「ヘルシーだから」とか、「女性が実は好きだった」とか、理由はたくさんあるのだろうが、こういった渋い老舗の焼鳥屋を知っていることこそ、東京の洒脱な大人だと思う。

ちなみに二人で、しっかり食べて、しっかり飲んで、¥9,000程度。「二人で一万円」、ちゃんとコスパが高いのも追記したい。

「あ~、レバ刺し食べたいな!」と思ったら、渋谷へ。それだけの価値はある逸品だろう。

らっきょうワイン漬け。適度な甘み、酸味があり、アテに最高。随所にお洒落なメニューがあるのもここの魅力だ!

店内は、ザ・焼鳥屋。サッと食べて、サッと二軒目へ。でも、居心地は悪くない。これぞ老舗の底力。


東カレアプリダウンロードはこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ