コーヒー豆高騰!飲む価値あるコーヒーはここだ Vol.1

コーヒーは、並ぶサードウェーブよりも、元祖カフェでじっくりと

curated by
船山 壮太

場所は246COMMONの入口のところにあります。可愛らしい外観。オリジナルのカップなども販売しています

表参道にブルーボトルコーヒーが出来たのは3月上旬のこと。ぜひにと思って、オープン間もないお店に行ってみました。すると、あぁやっぱりすごい行列です。お店の下から246にまで広がっています。ぜひ、コーヒーを飲んでみたかったのですが、流石に行列は厳しいなぁ……と諦めかけたところ、ある看板が目に入ってきました。

『SHOZO COFFEE STORE』

ブルーボトル表参道店の、すぐ左横。246COMMONの一角に、そのお店はありました。

ここはカフェ好きの中でもレジェンドとされている、栃木県那須塩原市(那須町にもあり)にあるカフェ。そして、栃木は私の出身地。タウン誌の仕事をしていたとき、那須に行く度に、その店を訪れていました。

本店は、カフェブームのきっかけを作ったと言われるお店。空間、コーヒー、名物のスコーンと、すべてが調和された空間は、付け焼き刃では醸し出せない、凛とした雰囲気があります。かたや、那須街道沿いの店舗は、森に囲まれたテラスがあり、開放的。新緑の中で美味しいコーヒーを楽しむことができます。

そのポップアップストアが、ブルーボトルの真横にあったのです。調べてみると、一度休業したものの、今年の1月に復活したとのこと。うれしくなって、行列のできるブルーボトルそっちのけで、『SHOZO COFFEE STORE』のコーヒーを購入しました。

左がSHOZO、右がブルーボトル。本当、すぐ隣にあるんです

SHOZOと言えば「森のブレンド」が有名。豆は2種類あって、訪れた際に飲むことができたのはモカベースの一杯。流行の浅煎りとは違った、安定感のあるブレンド。すっきりさわやかな味で、とても癒されました。

表参道のお店ではコーヒーが飲めるだけでなく、雑貨や、名物のスコーン、コーヒー豆なども販売されています。多少なりとも、本店の雰囲気を感じられるはずです。本店や那須の店舗の静かな雰囲気で飲むコーヒーは、また格別。日頃のストレスを洗い流すにも最適です。

※その後、ブルーボトルにも行きまして、大変美味しいアイスコーヒーをいただきました。

森のブレンド¥400。モカベースの、さわやかな一杯

人気のスコーンもこのように並べられています。近隣にもファンが多いそう


東カレアプリダウンロードはこちら >

【コーヒー豆高騰!飲む価値あるコーヒーはここだ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ