編集・船山の恵比寿と私、ときどきルノアール Vol.2

『Grillマッシュ』(恵比寿)で
背徳の深夜ハンバーグ

curated by
船山 壮太

こちらが、Wハンバーグコンボ(各160g)¥1,600

先日、東京カレンダー2月号「時計GENTSへの道」にも登場していただいた満島真之介さんの舞台「ハムレット」を鑑賞しました。父の死に打ち拉がれたハムレットは「生きるべきか、死ぬべきか、それが問題だ」と、自らの心情を吐露します。かくいう私も、家路につく際、同じような葛藤を繰り返すのです。

「食べるべきか、食べぬべきか、それが問題だ」と。

仕事を終え、あとは帰って寝るだけ、という状況でご飯を食べるべきか、食べぬべきか、葛藤を繰り返すのです。

帰路にて、次々に現れる飲食店。ああ、なんでこんなに美味しそうなお店ばかりなのだ、と。そして、つい吸い込まれてしまうのが、こちら。恵比寿随一のハンバーグの旨い店として、知られる『Grillマッシュ』です。ランチ時の人気も相当だと聞きますが、夜もお客さんでいっぱい。ラストオーダーが22:00までと、結構遅くまでやってるんです。

店内はログハウス風。ひとりでも複数人でも気軽に入れます。この日はサラリーマン2人で飲み屋代わりに使っていたり、横では女子会も行われていました。

味はレギュラーメニューで6種類。ハンバーグコンボを注文したので、そこから2種類の味を頼むことができます。この日はデミグラスソースとテリヤキマヨネーズソースをセレクト。そこにライス(量少なめで!)、ミニサラダ、ポタージュが付いたライスセットを頼みます。

そして、出てきたのがコレ。ぷっくり分厚く、中までじっくり焼かれた手ごねのハンバーグ。ナイフを入れると、肉汁プシャーです。さっきの葛藤も忘れて、小躍りしたくなるようなエキサイティングな肉汁。また、店名にもなっているマッシュポテトも絶品!この上ない滑らかな口当りが最高です。

レギュラーハンバーグも美味なのですが、A4、A5の黒毛和牛を使った『大人の極上ハンバーグ』というメニューもあるそうで、次回はそれを頼んでみようかと。恵比寿を訪れた際には、是非足を運んでみてください。

※現在、発売中の東京カレンダー4月号は「恵比寿・広尾特集」。是非、お買い求めを! アトレの有隣堂さんでも、がっつり展開してくださっています!ありがとうございます。

アトレ恵比寿内の有隣堂さん。まさに東カレ祭り!(2015.2.25現在)

あっちもこっちも東カレだらけ。ありがとうございます!


東カレアプリダウンロードはこちら >

【編集・船山の恵比寿と私、ときどきルノアール】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ