東京フォトジェニックレストラン Vol.3

ハマグリの殻でそいで食べる、豪快中落ち

恵比寿・鮪喜(つなき)

中落ちはハマグリの殻でそいで食べる。スプーンが手近になかった築地で、こうして食べられていたそう。10人前でだいたい¥5,000

恵比寿駅のすぐ近くに、築地の男が営む魚の旨い店がオープン。ここでは、他ではなかなか食べられないまぐろの中落ちで、みんなを驚かすことができる。店主でありまぐろ仲卸業者の藤㟢充彦氏が、その仕組みを教えてくれた。

「もともと中落ちは築地の男たちがその場で食べるか、家に持って帰っていたものでした。市場に出たとしても魚種が限られたり、時間が経っていたりする。ここでは水揚げして築地に届いたマグロを、その日のうちにお客に出しています」。

その言葉どおり、ここにある魚は藤㟢氏の目利きによる間違いのないモノだけ。意外な立地にして、お得にホンモノの味を食べられる店なのである。


東カレアプリダウンロードはこちら >

【東京フォトジェニックレストラン】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ