How to be TOKYO GENTS 東京人よ、紳士たれ! Vol.6

BAR
あの伝説のバーテンダー、再び

そろそろ覚えよう、アダルトな遊び

11 月1 日に解禁されたばかりの「星子2014 ヌーヴォー」はミスト(¥1,000)で味わうべし

ただ酒を飲むだけなら家でもできる。だが、バーという空間で飲む酒には、心地よく酔う以上の恩恵がある。横並びに座るバーカウンターにおいて、縦の人間関係はない。職業も役職も年齢も関係なくともにグラスを傾ければ、必ず何かが生まれる。

そして、その架け橋となるのがバーテンダーだ。良いバーテンダーの下に良客が集い、都市の文化が創られていく。

「バーは真夜中のフリースクール」とは、伝説的バーテンダー、Danny氏の言葉。氏は、外苑前で17年続いたバー『HOWL』を閉め、この10月、渋谷・桜丘町にオープンしたバー『Bar The hand』で新たなステージへ。ハードボイルドな生き様そのまま、またも新境地でゼロからのスタートを切った。

変わらないのは、氏が手がけた日本で唯一の国産梅リキュール「星子」を、リキュールオーナーの手から味わえること。それは、このバーの名前の由来でもある「すべてのものは人間の"手"の中から生まれる」という真髄を実感する貴重な経験だ。東京で生活する者の特権でもある。

Danny氏は言う、「都市生活者はドライでソリッドでセクシーじゃなきゃ」と。東京GENTSの目指すべき境地がこの言葉にある。

「都市の文化は夜が大事」というのがDanny 氏の持論。内装も紺碧の夜空と黒い大地のコントラストをイメージ

茶室の躙口のようにかがんで入る個室は、3 時間までの利用で1 名¥2,500 のチャージと予約が必須


東カレアプリダウンロードはこちら >

【How to be TOKYO GENTS 東京人よ、紳士たれ!】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ